Entertainment

Netflix『はじめてのおつかい』に悶える海外の人々。ピリ可愛い、完全に沼etc

 日本の人気バラエティー番組『はじめてのおつかい』が3月31日よりNetflixで世界配信され、海外メディアや視聴者からレビューやコメントが続々と投稿されています。
(写真:Netflixより)

(写真:Netflix公式サイトより)

 欧米の多くの国では保護者の同伴なしで幼い子供を出かけさせることが一般的ではなく、同シリーズ世界配信のニュースを受けて日本国内では「海外では受け入れられないのでは?」と疑問視する声も聞かれました。 配信から約2週間。アメリカやヨーロッパなど諸外国で、『はじめてのおつかい』はどう受け止められたのでしょうか?

気になる海外の反応は?

『はじめてのおつかい』は、生まれて初めてのおつかいに挑む子供たちの奮闘ぶりにカメラが密着するというリアリティショー。30年以上、日本で定期的に放送されている大人気の長寿番組です。
『はじめてのおつかい』はNetflixで配信中

『はじめてのおつかい』はNetflixで配信中

 今回Netflixで配信されたシリーズに登場する子供たちは2歳から6歳。アメリカではこの年齢の子供を一人で留守番させるだけでも刑罰に問われる可能性があり、イギリスやオーストラリアでも子供を一人きりで行動させることは「危険」と考えられています。  それだけに世界配信によって「日本の常識が疑われる」「海外では受け入れられないのでは?」など懸念を示す識者の意見も聞かれましたが、いざ配信が始まってみると批判的な海外メデイアの記事はありませんでした。

ファンタジー感覚で楽しむ海外視聴者

 というのも、同シリーズが子供の安全面に配慮して企画されていることは、海外メディアにも十分に周知されているからです。
ファンタジー感覚で楽しむ海外視聴者

写真はイメージです。以下同じ

『はじめてのおつかい』では、おつかいのルートは子供の両親と番組スタッフが念入りに調査して安全な道を選び、その道中には通行人や警察官に扮装したスタッフが配置されています。また、近隣の住民にも前もって撮影内容の説明がされ、大勢の大人が見守る中で子供たちの冒険が撮影されています。  こうした背景を知った上で、海外の視聴者はリアリティショーというよりも、子供たちの奮闘を覗き見する“ファンタジー”と捉えて安心して楽しんでいるのです。
次のページ 
「ここ最近で最も愛らしいショー」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ