News
Human

無料食堂を行うとんかつ店、店主の想い「99人に騙されても1人が救われれば」

99人に騙されても1人が救われれば

――前例のないところから、無料食堂を始める苦労などはありましたか。
99人に騙されても1人が救われればそれでいい

2022年3月には3号店がオープン

金子「前例もマニュアルも何もないところからのスタートですから、悩みましたしいたずら目的での利用など、悔しい思いをしたこともあります。それでも、無料食堂を利用するお客様がお金を持っているかという確認はしませんし、利用する理由もたずねません。無料食堂を始めた当初から変わらず、100人のお客様がきて99人に騙されても1人が救われればそれでいい、という考えでやっています」 ――金子さんの強い意志を感じます。 金子「無料食堂を利用されるお客様には、通常のお客様と同じように食べたいものを注文してもらって、おなかいっぱいになって笑顔になって帰ってもらえれば私も嬉しいです」

北海道や沖縄から食べに来てくれる人もいる

――ご利用された方や周りの反響はいかがですか。 金子「みなさん笑顔で帰ってくださいます。『絶対お金を持ってまた来ます』と言ってくださる方もいて、その方の気力になったのでれば嬉しい限りです。まるかつでは寄付を募っていないのですが、『食べて無料食堂を応援したい』と全国から奈良県まで足を運んでくださるお客様もたくさんいます。北海道から沖縄まで、奈良への観光のついでではなく、当店を目的としてわざわざご来店くださるお客様も大勢いてくださます。とても励みになりますし私自身も元気になります」
次のページ 
お店がある限り続ける
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ