Gourmet
News

コオロギパンはなぜ嫌われる? 今食べなくても良いと思った決定的な理由とは

 コオロギ食、まだまだ炎上中です。
コオロギ食が炎上しています

コオロギ食が炎上しています

 2023年2月頃から炎上がはじまり、今や国会でも議論の対象になっているのが、「コオロギ食」。みなさんは、この問題をどうとらえていますか?

コオロギ食が注目され始めたワケ

 そもそもコオロギ食が大きく注目されるようになったのは、2013年。国連食糧農業機関(FAO)が昆虫は環境負荷の低い有望な食糧源ということで、食糧危機の解決策として推奨したことがきっかけでした。  その後2018年に欧州連合(EU)が食用昆虫を食品として承認。これを機にベンチャーの参入が活発化してサプライヤーが増加。2025年には世界の昆虫食市場が1000億円規模になるとも予測されています。  日本において本格的に昆虫食製造の動きが活発になったのは、2020年前後。2019年に無印良品が「コオロギせんべい」を、2020年に敷島製パンが「コオロギのフィナンシェ」や「コオロギのバゲット」を発売するなど、大手企業から登場するようになっています。  2023年2月から始まった炎上について細かく掘り下げて、どちらが正しいかなどを議論するつもりはありません。そもそもコオロギ食についてはさまざまな意見があり、さまざまな人が発言をし、行動していることは事実です。  そこでここでは、敷島製パンの「コオロギのクロワッサン」を実食しながら、コオロギ食について冷静に知っておくべき事実や現状を整理していきたいと思います。

コオロギ食はなぜ嫌われているのか?

「コオロギのクロワッサン」 1袋2個入り×5 2592円(税込、送料無料、通販のみ)※従来使用されてきた食用コオロギパウダーの生産終了に伴い、販売を一時休止中。

「コオロギのクロワッサン」 1袋2個入り×5 2592円(税込、送料無料、通販のみ)※従来使用されてきた食用コオロギパウダーの生産終了に伴い、販売を一時休止中。

 今回注文したのは、敷島製パンが通販限定で販売する「コオロギのクロワッサン」。価格は10個(1袋2個入り×5)で税込2592円。現在は、これまで使用されてきた食用コオロギパウダーの生産終了に伴い、販売が一時休止となっています。  そもそもこの「Korogi Cafe」シリーズは、高崎経済大学発ベンチャー企業であるFUTURENAUT(フューチャーノート)の食用コオロギパウダーを使用して作られている商品で、同シリーズにはフィナンシェやバウムクーヘンがあります。  私の個人的な嗜好はさておき、食べてみるといつものクロワッサンの延長として普通に味わうことができました。ナッツのような風味やコクを感じ、言われなければコオロギが入っているとはまったく想像できません。  ではなぜこんなにも嫌悪感を表すコメントが後を絶たないのでしょうか? 私たち生物には、食べたことのないものをはじめてみたとき働く防衛本能(フードネオフォビア)が備わっていることや、日常的に昆虫を食べる食習慣がないこと、ゴキブリなどの虫被害の経験などが恐怖心や不安感を後押ししてしまうことも要因として考えられます。  また、アレルギーの危険性については不明確な要素があります。FUTURENAUTの公式サイト内にある説明によると、甲殻類、ダニ、軟体動物などにアレルギー症状を示す被験者に対して交差反応性を持つ可能性があるとの研究報告があるために、管轄の保健所の助言を受けて一括表示外に「エビやカニに似た成分を含みます」という注意喚起を自主的に行っているとのこと。この現状をどう捉えるかは、冷静に判断する必要があります。  今できることとして、敷島製パンのお客様相談センターに質問してみることにしました。
次のページ 
コオロギ以外にカイコパンもあった!
1
2
Cxense Recommend widget
あなたにおすすめ