Lifestyle
Human

102歳、一人暮らしの哲代おばあちゃん。ずっと自分らしくいるための5か条

「100歳なんて、おとぎ話に出てくるおばあさんのことだと思っていた」と語る哲代おばあちゃんは102歳。『102歳、一人暮らし。哲代おばあちゃんの心も体もさびない生き方』(著:石井哲代、著:中国新聞社/文藝春秋)の主人公です。
哲代おばあちゃん(中国新聞社)

哲代おばあちゃん(中国新聞社)

 広島県尾道市に住む哲代おばあちゃん。26歳で結婚し、田んぼの手伝いをしつつ56歳まで小学校の先生をしていました。子どもはなく、20年前にご主人を失くしてからは一人暮らし。畑の守りをしながら過ごす毎日が、100歳を機に中国新聞の連載になったのです。  哲代おばあちゃんいわく「何でもないことばかりを書いている」という日々は、私達には尊く豊かに感じられます。なぜなら哲代おばあちゃんは、「心をご機嫌にしておく」方法を知っているから。「人を変えることはできませんが、自分のことは操作できます」。そんな暮らしぶりを、ちょっとのぞいてみませんか。

哲代おばあちゃんの長生きの秘訣

 哲代おばあちゃんは頬がふっくらと輝いていて、まさに福を呼ぶお顔。しっかりした足腰も健康の賜物です。哲代おばあちゃんの長生きの秘訣は8つ。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
哲代おばあちゃんの長生きの秘訣

柔軟体操をする哲代おばあちゃん(中国新聞社)

1. 朝起きたら布団の上げ下ろし 2. いりこの味噌汁を飲む 3. 何でもおいしくいただく 4. お天気の日にはせっせと草取り 5. 生ごみは土に還す 6. こつこつ脳トレに励む 7. 良英さんと会話する 8. 柔軟体操をする  特別な健康法はなく、ただ何事にも全力投球という姿が浮かんできます。1日3食いただき、ご飯は1回2膳が基本。好き嫌いなく何でもおいしく食べますが、ご飯に対する敬意は忘れないそうです。ひとりでも必ず「いただきます」「ごちそうさま」は欠かしません。  良英さんというのは、今は亡き哲代おばあちゃんのご主人です。写真を枕元に置き、目線の合う位置に立てかけて会話をするのだとか。朝晩のご挨拶、お仏壇にも朝夕きちんとお酒をお供えします。さらに脳トレに柔軟体操と、メリハリをつけた生活が、哲代おばあちゃんの元気と若さの秘訣なのでしょう。

ありきたりの毎日は、ありきたりではない

【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
ありきたりの毎日は、ありきたりではない

(中国新聞社)

 哲代おばあちゃん、2021年4月の日記に「100年生きてきてこんな見事な桜は初めて」とありました。千本桜を眺めての感想です。桜は毎年咲くものと、私達は漠然と考えていますよね。ところが数日後、哲代おばあちゃんは足を痛めて入院してしまうのです。  再入院を含めて約1ヶ月の入院生活。ありきたりの毎日は、ありきたりではなく、いつ何時危機に見舞われるかもわかりません。毎年咲く桜を今年も見られたという些細な出来事が、本当はかけがえのない幸せなのです。「毎日同じようなことの繰り返しじゃけど、それがどれだけ幸せなんかが分かります」と101歳を前に、「また一つ勉強した」という哲代おばあちゃん。素直で純粋で素敵な女性だと頭が下がります。
次のページ 
私らしくいるための5カ条
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ