♂&♀

“中折れ”は許されず…セフレ男もラクじゃない!

恋愛の面倒な駆け引きを避け、体だけの関係を楽しむ女性が増えているという。“誰かのセフレ”であることを「うらやましい!」と感じる男性も多いだろう。しかし実際のところ、相手をする男性も楽しいことばかりではないようで……。

7割の女性が「セフレとは身体だけで十分」

============================ Q.もしセフレに「付き合おう」と告白されたらどうする? ・付き合う 29人 ・付き合わない 71人 ※「現在セフレがいる」という20~34歳、全国の女性100人に調査 ============================ “中折れ”は許されず…セフレ男もラクじゃない!「毎週のように会ってはSEXする女性がいたんですが、この前、40歳にして初めての中折れ。一度“お勤め”を果たせなかっただけで、急に会ってもらえなくなりました。  それ以来、不安でサプリやバイアグラなどのED治療薬が手放せない体に」(40歳・IT系)  恋人同士なら、愛撫や抱擁といった“愛情アピール”でフォローもできるが、セフレともなると“勃たない”=“役立たず”。即お別れに繋がる致命的な問題に。体力や性機能の衰えは許されないのである。 「“今、付き合ってる彼とかいないよ”と言っていた女性が、実は子持ちの人妻だったことが判明。知らずに油断してホイホイ会っていたら、相手の旦那に関係がバレて、あやうく慰謝料を肩代わりさせられるところでした」(33歳・外資系保険)  お互いのプライベートには深入りしないのがセフレのマナー。しかし、相手の「平気、平気」を鵜呑みにしていると、知らず知らずに泥沼不倫や性病感染のリスクに巻き込まれることもある。すべては自己責任だ。 「俺から“会おうよ”とメールしても断られてばかり。向こうから“したい”と連絡があったときにしか会えないコがいました。男として、もちろん呼ばれたら行くわけですが、性欲処理の“棒”としか扱われていないと思ったら、なんかだんだん勃ちも悪くなってきて、お別れしました」(29歳・電機メーカー)  割り切った関係とはいえ、完全に女性の都合で調達され、“男から誘う”というプロセスすら奪われるのは、確かにむなしいもの。男のほうが割り切れないといえば、こんな事例もある。 「お互い恋人がいることはわかっていたのに、相手の性格や人柄のよさに俺のほうが本気で好きになっちゃった。本命の彼女とも別れて“ちゃんと付き合おう”と告白したんですが、“クソ重い!”と言われ、当然セフレの関係も解消されてしまいました」(32歳・広告デザイン)  上記のアンケートにもある通り、女性の約7割は「SEXだけで十分」なんである。あくまで“体だけの関係”として認識し、“愛のないSEX”を猿のように楽しむほかないのだ。 <PHOTO/Paul Cotney> ― 女が熱望する[セフレの条件]【8】 ―
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ