Lifestyle

ママ友の「教えてあげる」は要注意!? ボスママがモンペアに豹変するとき

ママ友の「教えてあげる」は要注意!? ボスママがモンペアに豹変するとき 子どもを通じて知り合い、子育てにまつわる情報や悩みを共有できる存在―――ママ友。しかし一歩間違えると、その関係は日常さえも脅かす恐怖の存在に変わります。

 長きに渡るママ友トラブルを告白してくれたのは、中学1年の娘をもつAさん43歳。娘Yちゃんの小学校入学を控えていた7年前に、現在のご自宅へ越してきたそうです。

頼れるママ友だったはずが……



「近所にYと同級生の女の子がいて、そのママとはすぐに仲良くなりました」『同級生の娘』という共通項から親しい付き合いが始まったBさんは、越してきたばかりのAさんにいろいろと教えてくれたそう。

「知らない土地ですぐにママ友ができて、しかも顔の広いひとでお友だちもたくさん紹介してくれたから、すごく嬉しかったんです」

 しかし、良好な関係が続いたまま半年ほど経ったある日、「Bさんの娘にいじめられた」とYちゃんが泣きながら帰宅。驚いたAさんはBさんの娘に話を聞きにいきましたが、遊びの中の些細なトラブルと分かり一安心。その後Bさんの娘がYちゃんに謝り、いつも通り仲良く遊んでいたそうです。

「子供同士のちょっとしたケンカ。私も取り乱しすぎたなって、反省しました」

 ところがその夜、Bさんから電話がかかってきたのです。

電話に出るなり、すごい勢いで罵倒されました。『うちの娘をいじめっ子扱いした』って。その勢いのまま、Yの乱暴な性格に迷惑しているとか、私の躾が悪いからYが嘘をついたとか、散々私達の悪口を言われました。とにかくすごい剣幕だったので、カチンとくる内容もありましたが我慢して謝り続けました」

 なんと、その電話は延々2時間半に及んだそう。その間Aさんが発したのは謝罪の言葉のみ。一方的に責められる不確かなYちゃんの悪行と自分への非難を、ただ黙って聞くしかなかったといいます。

見下され干渉される6年間



 ところが次の日、Bさんは何事もなかったかのように笑顔で話しかけてきたそうです。「あなた常識がないから、私がいろいろ教えてあげるわ」と。

 それから卒業までの6年間は地獄のような日々だったそうです。

 Yちゃんが忘れ物をすれば「あなたがだらしないから」となじられ、習い事を始めれば「Yには向いてない。子どものこと分かってないわね」とチクリ。

「Yに直接『あなた障害があるんじゃないの?』って言われたこともあります。嬉しいことがあってはしゃいでただけなのに」

 Bさんの干渉はYちゃんに留まらず、更にエスカレート。

「行動もチェックされていたみたいで『布団を干す頻度が少ない』とか『ゴミを出す時間が遅い』とか、わざわざ家に言いに来ることもありました。『寝かせる時間が遅いから落ち着きのない子になるのよ』とも……」

 しかしトラブルを避け、ひたすら耐え続けたというAさん。

「6年は長かった。ほかに仲のいいママ友ができてもすぐに割って入ってくるから、こっそり付き合うことしかできませんでした」

 こんな関係が中学でも続くのは耐えられないと秘かにYちゃんを受験させ、みごと有名私立中学校に合格。この4月に、ようやくBさんから開放されたのだといいます。

「プライドの高いひとだから、Yの受かった学校名を聞いた瞬間から目も合わせなくなりましたよ(笑)」

 6年間の屈辱を「Bさんがいちばん悔しがる形で復讐を果たした」というAさん。中学ではいいママ友に恵まれることを、願わずにはいられませんでした。

<TEXT/千葉こころ PHOTO/Lightwavemedia Ltd>

― ママ友トラブル【1】 ―

あなたにおすすめ