「正直、夫を気持ち悪いと思う」。年収1200万の夫と、セックスは年1回【後編】

男性・女性を問わず、パートナーとのセックスレスに悩む人が増えています。どうすれば、いつまでも最高の夫婦でいられるのか――。30人以上の男女を取材し、セックスレスのケースから原因や対策を考えていきます。

⇒【前編】はコチラ

色気ムンムンな前夫と、年収1200万円以上の現夫



「正直、夫を気持ち悪いと思う」。年収1200万の夫と、セックスは年1回【後編】 いくら子供を二人抱えていたとはいえ、気持ちが悪いとすら感じる男性との結婚を決めたのが、私には理解できません。そう告げると、「実は……」と明美さんが打ち明けてくれました。

「前夫のことがすごい大好きだったんです。前夫の性格以外が大好きだった。見た目もセックスも最高だった。もうムンムンだったんです。でも、すごい見栄っ張りで経済観念ゼロなうえに、女癖も悪かった」

 結局、前夫は浮気相手に走り、離婚することになるのですが、この経験が明美さんの再婚相手選びに多大な影響を与えます。

「前夫といると感情的に子供をなおざりにしてしまっていたので、もうちょっと手をかけてあげればよかったって反省したんです。私はもう恋愛じゃなく――女として必要な相手じゃなくて、子供達のパパとして必要な男が欲しいって。現夫はその条件にぴったり合うんですよ」

 現夫は一部上場企業の部長職で、年収は1200万円以上だといいます。

<かおるcheck!>
夫は収入が多いぶん、このままの状態が続けば、ほかの女性に走る確率も高くなります。私が夫なら、寂しさで、そうするかもしれません。


===============

優しかった夫が子供にも当たるように



 ここ最近、夫はキレて物に当たるようになったそうです。

「月に一度くらいのペースで、壁を殴ったり物を投げたりするようになりました。子供にも強い口調で『疲れているから近寄るな』って言ったりすることもある」

「子供へ悪影響を与えるのだけは避けたいんですよ。とりあえず今は、彼が発散する場所を私に求めているわけだし、そこを改善しないと家庭まで壊れてしまうっていう危機感がありますね。次に爆発したときには大きいんだろうな、すべてを失うんだろうなっていつも思ってます」

<かおるcheck!>
この夫婦、夫も苦しんでいるようですが、明美さんもとても苦しんでいるような感じがしますね。子供の情緒に影響を与えないか心配です。


===============

「セックスで夫を癒せる」とわかっているのに……



 夫のイライラの原因は、明美さんの拒否にあると、明美さん自身も気づいているようです。

「最近、『僕は邪険にされている』とかって言うので、かわいそうとは思うんですけど、時間が経てばなんとかなるんじゃないかなあって。旦那は、『寂しい』とも私に言うんです。『手をつないで散歩に行きたいとも思っているのに、明美ちゃんが遠くに行ってしまったような気がする』って」

 明美さんは「いい自分じゃないんですよね。彼といるときの私」と言います。

「セックスだと思うんです、彼を癒すことができるのは。セックスの間係が変われば、旦那のお散歩に行きたいって夢だって、私の夢になるかもしれないじゃないですか。それがわかっているのにね……」

<TEXT/荻原かおる>

【荻原かおる】
ラブグッズショップ「ラブリーポップ」プロデューサー
http://www.lovelypop.com
1999年に女性向けセクシャルグッズメーカー 「ラブリーポップ」を起業。現在はオーナーからプロデューサーとなり、男女関係、セックス、女性の生き方について著作を次々と発表。 心理セラピストの資格も持つ。
著書『いつまでもメイクラブする方法』は、セックスレス夫婦の詳細な取材をもとに、男の心理・女の心理や、その処方箋を示している

あなたにおすすめ