♂&♀

オタク処女が「まぁいいかな」で風俗バイト…収入はOL並み

処女で風俗嬢――。信じられないことに、今、風俗店で働く処女が急増しているという。女子大学生の「性体験ナシ」率が約53%と急上昇する昨今(※)、その波が風俗業界にも影響しているのか? 実際に風俗で働く処女のみなさんに取材してみた。
(※財団法人・日本性教育協会調べ、2011年)

高校時代にメイドリフレ店で働いてたので……



オタク処女が「まぁいいかな」で風俗バイト…収入はOL並み 東京のオナクラ店(男性の自慰を見たり、手でイカせるサービス)で働くあいりさん(19歳)は「アニメに出てきそうな“最強美男子”に処女を捧げたい!」と断言する、生粋のオタク処女だ。どのような経緯でオナクラ店に?

「渋谷で『簡単なバイトだよ』とスカウトされて、面接に来たときは『ダマされた!』と思いました(笑)。

 けど私、高校時代にメイドリフレ(※)で働いていたので、ぶっちゃけ男性に触れることにあんまり抵抗なかったんです。時給も高いし、まぁいいかなって。

 最初はちょっとビビりましたけど、お店の事前講習で模型を使って練習していたから、それなりにうまくやれました」

※メイドリフレ=メイドのコスプレで、個室で客に指圧やマッサージをする。オプションで「ハグ」や「添い寝」などもあるが、原則として“性的サービス”はナシ。

週2でOL並みの稼ぎ、奨学金の返済も



 ちなみに彼女が働く店は、有料オプションの料金のほとんどが女性の取り分に加算されるとい好待遇。それが人気を呼び、「友達の処女のコも何人か一緒に働いている」という。

 オプションは、「エロ小説朗読」500円とか、「匂いかぎ」1000円とか、女から見ると笑っちゃうようなサービスだ。

「お客さんとホテルに入ってオプション表を見せて交渉します。週2回の出勤で、多いときにはOLさん並みのお給料が貰えるんですよ。私の学校、学費が高くて奨学金の返済もあるから、かなり助かっています。短期で集中して稼げるバイトってなかなかないし」

 今では、あいりさんは店の人気者だという。

「『処女のアソコが見たい!』って、料金3000円のオールヌードの要望が多いですね。皆さん『ピンクでキレイ。さすが未経験だね』と感心してくれるんです(笑)」

 あらら、そこの色味と経験人数は関係ないってことは、身体科学の定説なのに、いまだにピンク幻想があるのね。

― [処女風俗嬢]増加現象を追う【3】 ―




あなたにおすすめ