Gourmet

新素材「豆乳クリーム」がスゴい!カロリーは生クリームの半分以下

 太るから我慢は、もう終わり。

 カルボナーラ。クリームソース。食べたいけれど、高カロリーや胃もたれが心配で、避けてしまうのが「生クリーム」。最近、この生クリームに代わるヘルシーな新素材クリームがあるとの情報を聞き、早速調べてみることにしました。

豆乳1

生クリームが怖い人に朗報!豆乳クリームとは



 どうやら昨年あたりから話題になっているようで、「女の子のためのおとうふ『マスカルポーネのようなナチュラルとうふ』」(http://sagamiya-kk.co.jp/items/list.html#natural)という豆腐が大ヒット。チーズのような濃厚さがあるのに、とってもヘルシーなのが魅力のようです。

 そして、この豆腐に使われている新素材こそが、「新豆乳クリーム 濃久里夢」(http://www.fujioil.co.jp/fujioil/uss/item/index.html)。

豆乳2 食材加工会社の不二製油が、USS(Ultra Soy Separation)という世界初の特許製法によって大豆から作っているそうで、有名割烹「菊乃井」のメニューや、アイスクリームショップ「コールド・ストーン・クリーマリー」のアサイーボウルなどにも使われています。

特徴は、低カロリー、美味しい、日持ちすること



 容器を空けて、コップに注いだのがコチラ。

豆乳1  見た目は生クリームのようなトロリとしたテクスチャーで、豆くさいにおいは一切感じません。一体カロリーはどのくらいなのか?どんな味?……最も気になる特徴についてまとめてみました。

(1)低カロリーで植物性素材

 生クリームと比較すると、驚きの差が! なんと、カロリーが半分以下。また、植物性の大豆由来のため、乳製品アレルギーの人や、ビーガン派、マクロビ派も楽しめるクリームです。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ
http://joshi-spa.jp/?attachment_id=184302


(2)うま味増強効果

 不二製油のデータによれば、だしとの相性が良く、うま味増強効果が生クリームよりも上。実際試してみたところ、和風だし、味噌、コンソメ、カレーなど、何でも相性良し。単にまろやかにするだけでなく、味や香りを抑えこまずに上品にまとめてくれます。

(3)日持ちが長い

 この豆乳クリーム、スーパーなどではまだ購入はできず、インターネット通販のみの販売ですが、賞味期限が90日(900ml)、120日(200ml)と長いため、200mlパックをストックしておけば、1~2人前の料理も気軽に作れてしまいます。

クリームパスタだって怖くない!



 こんなにも美味しくてヘルシーなのであれば、敬遠していた「クリームパスタ」を作ってみましょう!オススメは、カニ缶を使ったトマトクリームパスタ。トマトのうま味をぐーんと引き立ててくれるごちそうパスタです。チーズやバターを使わなくても濃厚クリーミー。是非お試しください!

【コク旨!カニのトマトクリームパスタ】

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=184301

カニのトマトクリームパスタ【材料(2人分)】
パスタ200g、カニ缶1個、玉ねぎ1個、ほうれん草1/2袋、トマト缶1個、豆乳クリーム200ml、ニンニク1片、コンソメ1個、オリーブオイル適宜、塩コショウ適宜、パセリ(あれば)適宜

【作り方】

(1)玉ねぎとニンニクはみじん切り、ほうれん草は食べやすい大きさに切っておく。

(2)フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて火にかけ、香りが出たら玉ねぎを炒める。色づいてきたら、トマト缶、カニ缶、コンソメを入れて軽く煮こむ。最後に豆乳クリームを加え、塩コショウで味を整える。

(3)ソースを作りながらパスタをゆで、最後の30秒前にほうれん草を加え、一緒にザルにあげてソースと合わせれば完成。パセリをふって召し上がれ!

<TEXT, PHOTO/スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana




あなたにおすすめ