Lifestyle

婚活サイトで、ブスが写真を盛ったらこうなった【モテないアラサー女です】

【彼氏いない歴もうすぐ30年、モテないアラサー女です Vol.5】

1234567 さて、今回は愛飢子(アイ・ウエコ)ちゃんがお見合いサイトを利用して婚活してみました。自宅にいながらインターネットでじっくり婚活ができるなんて、便利な時代になりましたね。一昔前では考えられなかったことですよ。

 鎌倉時代は、武家・公家・貴族など身分の高い人同士しかお見合いができなかったそうですよ。それに比べて昨今の婚活のハードルの低さたるや。腕毛をターボライターで焼いて処理してる私みたいな女でも、気軽にお見合い的なことができるんですよ。

 平成時代。いと素晴らしや。なんて言ってますけどね、お見合いサイトで言うと、じっくり検索して相手を探せるのがメリットですが、年齢をサバ読んだり、経歴詐称したり、写真加工したりして何が何だかわからない人もいるんですよね。ネットではウソの自分を演じることができますからね。

 プロフィールや写真は6割くらい盛っていると思った方がいいかもしれません。
でもですよ。写真に関してはそこまで加工するのは悪なのか?という思いもありますよね。だってハンバーガー屋で注文した商品がメニューの写真と全く同じで来るわけないじゃないですか。そんなの常識じゃないですか。エジソンは偉い人じゃないですか。

 でもね。ハンバーガー屋の素晴らしいところはチーズバーガーを注文したらちゃんとチーズバーガーが来るところですよ。私はお見合いサイトでイケメン男性とメッセージのやりとりをして実際に会ったことがあるのですが、写真と全然ちがうオッサンが来てビックリしましたよ。チーズバーガー注文したら六角レンチが来た気持ちですよ。食べ物ですらないっていうね。

 それくらいのギャップに思わず肘から崩れ落ちましたよ。初体験。でもそれから私も学習しましたよ。

 目の前にある情報をそのまま鵜呑みにしたら騙されるって。悪い男にだまされるって。心のボルトを締め直されましたよ。六角レンチ男に。やかましいわ!

 自分を必要以上に飾るのはホドホドにしましょうね!

<絵と文/タワシ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

ラインスタンプ【タワシ プロフィール】
プロフィール画像2007年よりイラストレーターとして活動を始める。北海道出身、神奈川県在住。雑誌・書籍のイラストやゆるキャラのデザイン、携帯のデコメ素材など制作。
ホームページ「ワタシはタワシ」:
http://www8.plala.or.jp/tawashi/
twitterアカウント: https://twitter.com/akikomasuda
LINEクリエイターズスタンプ「ゆるダジャレ」「いろいろ太郎」等いろいろ発売中!
https://store.line.me/stickershop/search/creators/ja?q=ワタシはタワシ

あなたにおすすめ