Beauty

ポッコリお腹も放置厳禁!? 危険な“むくみ”の見分け方

 春を目の前にすると、急に体がむくんできませんか? 私はどうも毎年むくむらしく、去年はこんな記事を書きました。 ※【関連記事】「春むくみの原因は●●だった!女医が教える生活の注意点」⇒http://joshi-spa.jp/85198  しかし今年のむくみぶりといったら、いつも以上に酷いです。ふくらはぎなんて張りすぎて、針で刺したら中身が出てきそう……。  どうしてここまでむくむのか。体の不調と関係あるのか。銀座で夜10時まで診察をおこなっている忙しい女性にはありがたいクリニック『KISHI CLINICA FEMINA(キシ クリニカ フェミナ)』の岸郁子院長先生にお伺いしてきました。

病気の場合も……“おなかポッコリ”は注意

――先生、ふくらはぎがむくむのですが、病気の可能性はありますか?
岸 郁子院長

岸 郁子院長

「そうですね。医学的にみて“浮腫”、いわゆるむくみと判断するのは、すねの骨(脛骨)の内側の部分を押してみて、押した跡が残ったり、押したところが元に戻らない場合です。それ以外の、ふくらはぎの張れた状態は、一過性の腫れの場合が多いので、運動やマッサージなどで解消するといいでしょう」(岸先生、以下・同) ――むくみだとすると、どんな可能性がありますか? 「女性はホルモンバランスの変化によってむくむことがあります。特に月経前にはむくみやすく、体重が数キロ変わる人もいます。婦人科の疾患でいうと、卵巣嚢腫や子宮筋腫があるときに足がむくむ場合があります。おなかの“できもの”が血流を遮るので、下肢からの血液の戻りが悪くなり、足がむくんでくるのです」 ――なるほど、おなかにできものがある場合があるのですね。 「そうです。女性っておなかがポッコリしてきても、『太ったからだ』と判断して、そのままにしておく人が多いですね。しかし、婦人科的に注意したほうがいい場合もありますので、見過ごさないでほしいです」 ――それは、どう見分けられますか? ポッコリお腹も放置厳禁!? 危険な“むくみ”の見分け方「まず、胸のあたりは痩せているのに、おなかだけ出ている場合には注意したほうがよいかもしれません。また、単に太っただけならば、立った状態でおなかが出ていても仰向けに寝るとおなかは平らに戻ります。 ですから、仰向けの状態でもおなかがポッコリとしたままなら、注意してほしいです。見方としては、膝を立てて寝てみたときにおなかが平らにならない場合は、おなかになにかある可能性があります」

生理周期のチェックが大事!

――なるほど。 「とはいえ、婦人科系のトラブルは実際には判断しづらいもの。その中で、目安になるのは、やはり生理周期です。生理周期が不規則な人は無排卵になっている恐れがあるのですが、無排卵は様々な病気を引き起こす要因になっているというデータがあります。ですから、ご自身の生理周期はきちんと把握していただいて、乱れているとわかったら、なるべく早めに婦人科を受診してほしいです」  ちなみに、婦人科に行くとよく、「基礎体温をつけてください」と言われて面倒になったりしますけど、岸先生曰く、「基礎体温をつけるのはもちろん大切ですが、生理周期をチェックするだけでもかなり判断の目安になります。なぜかというと、規則的に生理が来ている人はたいてい排卵があるからです」。少し気が楽になりました。  ということで、春にむくんできた皆様。むくみが病的なものかそうでないかを判断するためにも、生理周期のチェックは欠かさないようにしましょうね。そして、「おかしいな」と思ったらすぐに相談できる頼れる婦人科も普段からマークしておきましょう! <TEXT・PHOTO/にらさわあきこ PHOTO/Piotr Marcinski> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【岸郁子先生プロフィール】 慶応義塾大学医学部卒業後、東京都済生会中央病院婦人科に勤務。部長として勤めながら、KISHI CLINICA FEMINAを開業。慶応義塾大学医学部産婦人科非常勤講師、日本産科婦人科学会専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本産科婦人科内視鏡学会評議員。 ●KISHI CLINICA FEMINA(キシ クリニカ フェミナ・完全予約制)⇒http://www.kishiclinicafemina.jp/index.html 【にらさわあきこ】 NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様!』 など。 ●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから⇒http://nirasawa-akiko.wix.com/nirasawa
にらさわあきこ
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容について取材・執筆を続ける中、2019年に「美活部」を発足。簡単&ラクに綺麗になるための情報をブログやインスタなどで発信。著書に『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。インスタ:@akiko_nirasawa_beauty、ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク~に綺麗になろう!
Cxense Recommend widget
必ず結婚できる45のルール

たくさんの読者を幸せにした最強のルール本。良いパートナーを見つけるルール満載。




あなたにおすすめ