Lifestyle

自分の“こころ”が音になる「精神と音の部屋」を体験してきた

「エゴグラム」ということば、聞いたことはありますか? 医療機関でも使われている信用のおける心理テストの一種だそうです。

 どうして急にそんなことばを持ち出したかといいますと……出かけたアートイベントで思いがけず体験することになったから。

「ももも展」(通称)HP

「ももも展」(通称)HPより

デザイン以外の分野とコラボする「ももも展」



 そのイベントとは、六本木ミッドタウンで行われている『◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展:◯◯◯も◯◯◯といえる(通称ももも展)』。これが正式名称らしいですが、長いですね……。

星野概念先生

星野概念先生

 5月31日まで開催しているこのイベントは、「一見デザインとは関係ないものにもデザイン的な要素を見いだす」をテーマに、「バラエティーに富んだ各分野のプロフェッショナルがそれぞれの専門分野の手法を使って異なる領域の魅力を表現するもの」だとか。

 先日、この展示を行ううちの4組の皆さんが授業形式のワークショップを行ったので参加してきたのですが、その一つに現役精神科医・星野概念先生の授業があり、心理テストをしたというわけです。

“心”を音で表してみる



「精神と音の部屋」と題された星野先生の展示は、心理テストで導き出された“心”の状態を「音」で表現しようとするもの。

 具体的には、「エゴグラム」という先に出したテストを使い、「人がコミュニケーションする時の心の状態」を5つの要素に分けて分析。50の質問に答える中で、「父親的要素(CP)」「母親的要素(NP)」「大人的要素(A)」「自由奔放な子供の要素(FC)」「聞き分けのいい子供の要素(AC)」それぞれを、どれくらい持っているかを導き出してゆくのです。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=255741

 なお、「結果はその人の性質を測るものであり、どこが多いから“いい”とか“悪い”と判断するものではない」し、「実際の診察では、一つのテストを使うのではなく、いくつかの心理テストを使って総合的に診断するので、このテストの結果に一喜一憂するのでもない」とのことでした。

エゴグラムの5つの要素を解説

エゴグラムの5つの要素を解説

……とまあ、うんちくはともかくとして、星野先生の“作品”では、この心理テストの結果を音で表すために、5つの要素の「結果」(分量)を、音を出すミキサーのボタンに転置。例えばCPが20で、APが10という結果だったら、そのようにボリュームを調整し、テストを行った一人ひとりの「心のありよう」を5つの音で奏でていくのです。

 音……と言っても、これは星野先生のアートですから、それらは全ては「星野先生の声」! 

 しかも個性を表現するために、全てが一人称で表現されていて、CPは「わし」、「NP」は「私」、Aは「わたくし」などとなっている。

 さらにそれぞれの音は、先生のイメージするそれぞれの「声色」「トーン」「拍子」で表現されているのですが、テストを行ううちにパソコンを取り囲む5つのスピーカーから、「わし、わし……」「私、わたし……」「わたくし、わたくし……」などと、声が聞こえてくるので、なんというか、シュールです。さすがは現代アートという感じ。

 体験した感想はといいますと、自分がどんな人間なのかを探るのがまず楽しかったです。その上で、「音で表される」のも面白く、アートとしても興味深い。

 単純に自分を知りたい欲求を叶えるもよし、友達と出かけて違いを感じ合うのもよし、またはアートとして楽しむもよしと、たくさんの楽しみ方があるこちらは、一度体験する価値が大いにあると感じました。なお、入場は無料です。

<TEXT・PHOTO/にらさわあきこ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

●『◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展:◯◯◯も◯◯◯といえる(通称ももも展)』
東京ミッドタウンにて5月31日まで開催。入場無料 http://designhub.jp/exhibitions/1495/

【星野概念(ほしの・がいねん)先生プロフィール】
精神科医として総合病院に勤務する傍ら、音楽や執筆、ラジオなど多岐に活動している。音楽は制作ユニットJOYZ、コーラスグループ星野概念実験室、□□□のサポートギター、タマ伸也氏(ポカスカジャン)とのユニット「肯定s」などさまざまな形で活動。執筆は、Webや雑誌で連載をいくつか。ラジオは、bayfm「タマ伸也の存じアップradio」(毎週金曜日21時20分~)にアシスタントパーソナリティとして出演中。http://gainenhoshino.tumblr.com

【にらさわあきこ】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様! 』 など。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。幸せになりたい女性たちに向けたワークショップやセミナーなども定期開催している。
●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから⇒http://ameblo.jp/nirasawa-akiko

にらさわあきこ
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)、新しいつながり方を模索する男女のリアルな姿を描く「未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ」(ポプラ社)。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。幸せになりたい女性たちに向けたワークショップやセミナーなども定期開催している。 ●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから http://ameblo.jp/nirasawa-akiko
必ず結婚できる45のルール

たくさんの読者を幸せにした最強のルール本。良いパートナーを見つけるルール満載。




あなたにおすすめ