Love

「二代目のお坊ちゃま」を落として玉の輿に乗るテクニック

 恋愛心理カウンセラー、タレントの夏波夕日です。  今回から、シリーズで「玉の輿に乗る」ための具体的なテクニックを紹介していきたいと思います。 モテ, 婚活, 恋愛, 玉の輿 いまだに女性達の憧れ、“玉の輿”。私が足を踏み入れた芸能界には、実際に玉の輿に乗った女性が数多くいました。  また、世界のマネーが集まる都市“New York”で起業した私は、ビジネス界でのし上がって行く過程で、多くの富豪と呼ばれる男性に接触してきました。  そんな実体験によるリアルな玉の輿ストーリーを、心理カウンセラーの観点から分析。  ギリギリ公開できる範囲で読者の皆様に“玉の輿術”をお伝えしましょう。  富豪の妻には、最初からお金持ちの旦那様を見つける「玉の輿」タイプと、彼の才能を見出す「あげまん」タイプ(ちなみに与沢翼さんの恋人、山田るり子さんがそうですね!)があります。 「玉の輿」にも、いくつかパターンがあり、親の財力&権力による「お坊っちゃま」タイプと、一代で築いた「成り金」タイプがいます。 ― 第1回「草食系お坊っちゃま」を見つけて玉の輿に乗る方法 ―

STEP1 )二代目お坊っちゃまの見つけ方

「お坊っちゃまを見つけたいけど、身近にいない」と思い込んでいるあなた。  それはあなたが待ちの姿勢だから。それじゃいつまでたっても出逢えない。もっと行動に移さないと。  ポイントは“実力もないのに上位のポストについている男”。これは二代目お坊っちゃまの可能性が高い。 例えば、 ●大手商社の子会副社長が、親会社商社会長の息子というケース。副社長が存在しなくてもビジネスが回る場合など特に。 ●大手広告代理店に勤め、あまり仕事をせずとも席がある男は、上場企業メーカー社長の息子の可能性も……。 他にも、次のようなポイントで探す手もある。 ●たいしたルックスでもないのにモデル事務所に所属している男。  これは、ミーハーな親の財力で我が息子をモデル事務所に所属させたケース。  そんな手段を使って雑誌モデルをしていたY氏(ジュエリー企業の息子)は、明らかに誌面で浮いていた。  このように、本人の実力以上のポストについている男は狙い目なのです。  これらのタイプは草食男子が多く、やり方さえ分かれば落としやすい。  非常に頼りない彼らに、恋心を抱くなんて難しいかもしれません。  けれど富豪の妻になる目的を達成したいなら、その男を好きかどうかで選んでいる場合ではありません。  幸せの基準は個人ごとに異なるからです。 ●“紹介”というオーソドックスな方法で、ステップアップする。  医師の知り合いは、これまた医師の可能性が高く、会社経営者なら、経営者同士のつながりが深い。医師は、同じ医大/医学部の同期とか、経営者同士は情報交換をするため集まりやすいなど、自然と”それなり”の獲物はつながっているもの。紹介してもらいながら、少しずつ紹介相手をステップアップしていけばよい。  ただし、本気で付き合うなら適度なステップでターゲットを絞ろう。狭い世界なのでスグに悪いウワサが流れてしまいます。  そして、あなた自身が遊ばれないように注意しましょう

STEP2)二代目お坊っちゃまの落とし方

 ようやく二代目お坊っちゃまに出逢えたら、次なる作戦は“お坊っちゃまを落とす”。  お坊っちゃまの家柄によっては、お相手は“お嬢様”である事を条件にするケースもあるが、そういう家柄は最初からパスしよう。あなたが良家のお嬢様でなくても受け入れてくれるお坊っちゃま家庭があるはず。  二代目お坊っちゃまは、草食系でロマンチスト。とはいえ男性の本能はあるから、あなたのシンデレラストーリーを叶えてあげたいと願っている。(ただし親の財力で)あなたは悲劇のヒロインや、貧しくとも心優しい町娘でいればよいのです。  例えば、 (実例その1)  元女優のプライドを捨て、バラエティ番組でお笑い芸人がごとく“痛いキャラ”にイメチェンして世間をにぎわせた女性タレントが、資産家の息子と結婚した。  これは「僕ならこの悲劇のヒロインを救える」という、“ヒーローごっこ”。  私はこの元女優(ご本人は「元」をつけると嫌がる)と番組で御一緒させて頂いた事がありますが、この方は非常に頭が良かったです。お笑いは頭が良くないとできないですね。  そしてこの人はさらに、演技力がありました。  資産家の息子と結婚できたのも、プライベートでも悲劇のヒロインを演じ切ったからでしょう。  そう考えるなら、元女優ではなく正真正銘の大女優です。 (実例その2)  貧乏生活をネタとして披露していたモデルが、会社経営者と結婚。  これも「僕なら貧乏な彼女に贅沢な暮しを提供できる」という、“王子様ごっこ”。  同じ事務所に所属するモデルから聞いた話では、貧乏な子供時代だったのは本当らしいです。  ただ貧乏のレベルは、そんなにヒドイものではなかった。  このモデルの勝利のポイントは“人からプレゼントしてもらうのが上手”という部分。  財布の中身は1万円以上はもたず、数千円と小銭のみ。強制的におごってもらう流れになります。 ⇒【後編】STEP3)最大の難関「彼のパパ・ママ」攻略法に続く
http://joshi-spa.jp/28993
<TEXT/夏波夕日 PHOTO/ Combain> 夏波夕日【プロフィール】夏波夕日(なつみゆか) 恋愛心理カウンセラー/タレント。 学生時代、NewYorkで起業。ITビジネスなどを立ち上げる。「恋のから騒ぎ」、「芸恋リアル」など、恋愛トーク番組にも出演。 自身の恋愛体験がTVドラマとなり、全国放映されたことも。ニュースキャスターやブランディングプロデューサーとしても活動中。 ★オフィシャルwebサイト http://www.sun-set.jp/ ★Blog http://ameblo.jp/yukanatsumi
夏波夕日(なつみゆか)
恋愛心理カウンセラー/タレント。 学生時代、NewYorkで起業。ITビジネスなどを立ち上げる。「恋のから騒ぎ」、「芸恋リアル」など、恋愛トーク番組にも出演。 自身の恋愛体験がTVドラマとなり、全国放映されたことも。ニュースキャスターやブランディングプロデューサーとしても活動中。 ★オフィシャルwebサイト http://www.sun-set.jp/ ★Blog http://ameblo.jp/yukanatsumi
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ
この記者は、他にもこんな記事を書いています