Beauty

頭を使わないと、トンデモ美容法に引っかかるよ【高須院長】

 さまざまなダイエット法やアンチエイジング美容法が日々登場しています。でも、これってホントに効果があるの? 医者として美を追求してきた高須クリニックの高須克弥院長(http://www.takasu.co.jp/)をナビゲーターに、前回の記事(“コスメで美肌”は本当か? 美容法のウソを高須院長がぶっちゃける)に続いてシリーズでお伝えします。

「有効成分」は1滴だけでもいい

Q.化粧品によっては、お肌に有効だという医学的な実験データを発表してたりしますよね? 「それは、ある成分に効果があったというデータじゃないかな。成分に効果があるのと、それを配合した製品に効果があるかどうかは別の話なんです」(高須院長)  なるほど。医薬品は、製品そのものを人間に服用させて効果を証明しないと認可されないけど、化粧品はそこまで義務づけられてないんですね。また化粧品は、その成分が何%入っているか書く義務がないので、有効成分1滴だけでも「配合」したことになるわけです。 お肌のデータQ.今年の夏には、飲むタイプの日焼け止めも登場しましたが、医師の目から見て真価のほどは? 「日焼け止めは飲むより、塗った方がいいと思います。紫外線から肌を守るのが目的ですから、まずは何かしらの方法で紫外線をさえぎるのが先決です。外出するときに、ファンデーションを塗るだけでも、全然違います」(高須クリニック・入谷英里先生) Q.美容商品って次々と出てきますよね。マイナスイオンを放出して肌をつやつやにするというシャワーヘッドを見つけたんですけど、効果は? 「いやいや、あるわけないでしょう! マイナスイオンやゲルマニウムはトンデモ美容の定番ですよ。  これらが効くと思い込むのは、宇宙人がいつか地球侵略にやってくると信じて疑わないようなもの。まあ、わけのわからないもののほうが面白いから、気持ちはわかるんですけど。  効果は期待しちゃダメ。単なる娯楽として楽しみましょう」(高須院長)

院長の肌は、人工的に“大やけど”したあと

Q.ケミカルピーリングをすると、美肌になる?  では、エステや美容外科で行われる「ケミカルピーリング」の効果はどうなのでしょう?  ケミカルピーリングとは、肌に酸を塗って強制的に古い角質層をはがして、新しい肌を再生させる施術。そう聞くと怖いんですけど……。 「ケミカルピーリングにもソフトからハードまで、いろいろあります。ソフトなものだと、フルーツ酸を塗って角質を取りのぞく。手軽だし、肌にもそれほど負担をかけませんね」(同)。  ただし、酸が強すぎて肌がトラブルを起こすなどの苦情が、一時エステで相次いだのも事実。やるなら、信頼できる医師に頼まないとヤバそうです。  院長自身は、実験のためにハードなケミカルピーリングを自ら体験。顔全体を人工的にやけどさせ、わざとかさぶたを作って剥がすことで、肌の新陳代謝を促すという施術だったそう。
高須院長

70歳にして、つるつる肌の理由は…

「たまに『院長先生と同じケミカルピーリングを受けたいんですけど』という問い合わせが来ますが、さすがにハードルが高いです。僕のときは、世界的なケミカルピーリングの名医がふたりがかりで施術してくれた。  途中経過があまりにムゴくて、“もとに戻らなかったらどうしよう”と不安で自殺しちゃう人がいるんじゃないか……っていうぐらいハードですよ」(同)  70歳とは思えない院長のつるつる肌は、すさまじい施術のたまものだったんですね。 【高須克弥氏・プロフィール】 1945年生まれ、医学博士。メディアでもお馴染みの、美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。『その健康法では「早死に」する!』『最新版 シミ・しわ・たるみを自分で治す本』など著書多数 「賞金総額250万円 高須クリニック動画CMコンテスト」開催中 http://yes-jinsei.com/cm/ <TEXT/島影真奈美> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
高須克弥
【プロフィール】 1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長で美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。近著は『ダーリンは71歳 高須帝国より愛をこめて』、『炎上上等』、続編で最新刊の『大炎上』など




あなたにおすすめ