Beauty
Lifestyle

今このファッションはナシ!捨てるべきアイテムをプロに聞く

 雑誌や広告でも活躍しながら、私たち一般人のスタイリングもして巷の女子たちの救世主となっているスタイリストの山本あきこさん。書籍『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』も大ヒット中の彼女と、メンズ向けのおしゃれ理論本『最速でおしゃれに見せる方法』で大注目のイケメンメンズバイヤー&ブロガーMB氏が初対談。

 女性のモテるおしゃれについて、具体的に語ってくれました。

MB_山本

MBさん(左)と山本あきこさん(右)

 第1回目は、自分のクローゼットにあったら、思い切って処分したほうがいいアイテムからスタート!

トレンカの撲滅運動してます



山本:まだいらっしゃるんですが、トレンカ! これは男性も嫌いですよね、絶対に。

MB:トレンカ好きっていう人は聞かないですね~。

トレンカ

スカートやショートパンツの下にトレンカ…少し前までとってもよく見かけました

山本:「何であれを履くんだ」って男性は言いますよね。でもまだいらっしゃる。これはちょっと本当に運動させていただいてるんです!

MB:いいですね撲滅運動。

ナイロンのショルダーバッグの斜めがけでおばちゃんに



山本:あとはもうひとつ、ナイロンのショルダーバッグ。斜めにかけるだけでいきなりおばちゃんになっちゃうんですよ。楽だし、両手あくからいいんですが……。いつも言ってるのが「地元駅着いたら斜め掛けでいいんで、街に出たらこっち(肩掛け)にしてください」って。

MB:そうですね、確かに!

ショルダーバック_斜めがけ

ショルダーの斜めがけ。楽なんですけどね~

山本:斜めにしてるだけでアクセもぶつかるし。

MB:シルエットも崩れちゃいますしね。

山本:あと生活感が一気に出る。

今オススメはクラッチバッグ



MB:僕もショルダー否定派です。シンパシー感じたのは、山本さんも本の中でクラッチ(肩ひものついていない小さめのハンドバッグ)をお勧めされていますよね。僕もクラッチ大好きなんです。一番簡単で何も邪魔しないし、柄使ってもそんなにうるさくないので好きなのを持てる。しかも簡単なつくりだから結構安く見つかる。

山本:そうですよね!

クラッチバッグを生かした山本さんのスタイリング(著書『いつもの服を~』より)

MB:ショルダーって作るの大変だから値段も高いし、いいことないって言ったら言い過ぎなんですが……。クラッチを選ぶべきだと思います。

山本:今チェーンつきもあるからお子さんがいても使いやすいものがある。普段はチェーンで使って、旦那さんとお出かけのときとかはクラッチにしたり、TPOに合わせて演出できますよね。小物はスパイスだと思っているので、ときめいたものをどんどん買っちゃおうってオススメしてるんです。靴とバッグ、アクセサリーなどなど。

ビッグビジューのネックレスは終了



SPA!:でもアレは終わったんですよね? ビジュー。

大きめの模造宝石を使ったビジューは、2年前ぐらいに流行った

山本:ビッグビジューはもうちょっと旬が過ぎましたね。ピアスはまだいいけど、ネックレスだと昔感が出ちゃう。今ならネックレスはなしか、シンプルなプレートがついているものや、ロングのものなどですかね。

SPA!:じゃあ小物は何買ったらいいですか?

山本:私は結構最近シルバー推しなんです。シルバーとゴールドのミックスとか。

MB:すっごいシンパシーです。僕もシルバーのクラッチをお勧めしてるんですよ。

後編「女性が大好きだけど着ると痛い”禁止アイテム”3つ」では、山本あきこさんとMBさんが、トレンカ、ショルダーバッグの斜め掛けの他に、女子SPA!世代がやめた方がいいファッションについて語ります。

<取材・文/ありまみほ 撮影/難波雄史>

【山本あきこ】
スタイリスト。証券会社、アパレル販売を経て、女性誌の専属アシスタントに。26歳で独立し、雑誌、広告などのスタイリングを手掛ける。これまでにつくってきたスタイルは1万コーディネート以上。近況や個人向けのサービスはブログ『Roccostyle.』にて紹介。2015年4月に発売した書籍『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』(ダイヤモンド社)がロングセラーに

【MB】
メンズファッションのバイヤー(レディスのキャリアもあり)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」は、女性が読んでも参考になる。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』を扶桑社より発売

いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える

「シンプルでプレーンな服」をどれだけ持っているかでおしゃれは決まる!
予約の取れないスタイリスト、初の一冊!!

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」を人気バイヤーMB氏が解き明かす。お金もセンスもファッション誌もいらない!




あなたにおすすめ