Lifestyle

仕事や勉強に集中できない…そんな悩みに、意外な対策が明らかに

 デスクワーカーから受験生まで、“集中力が続かない”のは大問題。コーヒーを飲んだり、メンソールのガムを噛んだり……みなさんはどんな対策を取っていますか?

 10月20日、集中力についての興味深い研究結果が発表されました。それはテレビでもおなじみの脳科学者・澤口俊之先生(武蔵野学院大学教授)と、全身用スキンケアブランド「シーブリーズ」の共同研究。首元にシーブリーズを塗ると、集中力をアップさせる可能性が明らかになったのです。

脳科学者の澤口先生と、実験に使った「シーブリーズ デオ&ウォーター」

 実験では、女子高生6人の首元Vゾーンにシーブリーズを塗って、3種のテストを行いました。すると、塗布直後・塗布30分後に、3つのテスト結果のスコアがすべて上がったそう。

⇒【グラフ】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=378880

※3本のグラフは、3つの能力を試すテストの種類=WM(ワーキングメモリ)、SA(選択的注意)、CS(計算速度)

 検証のために対照実験をやったうえで、上記の結果が確かめられたそうです(話が難しいので省略!)

 特に、「首元に塗ってふき取ったあと、30分後にも学習能力のアップが維持されていたことは、脳科学から見て画期的」と、澤口先生は考察しています。

 氷などで冷やすのと違って、「シーブリーズ独自の香りを含んだ“特別な清涼感”によって、脳状態が数十分間変化した可能性が高いと推測されます」(澤口先生)

 実験で行った「首元Vゾーンに塗る」とは、以下のような塗り方です。首元ですからね、まちがえて別のVゾーンに塗らないでね!

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=378881

(図版は「集中V塗りシーブリーズ」サイトより)

 これからの季節、働く人にはあわただしい年末がやってくるし、受験生にとっては追い込みの時期。10月27日からは、広瀬すずと中山大志が居眠りなど勉強中の気の緩みを注意してくれるスマホアプリも登場するそうです。

 集中力をアップして、この冬を乗り切りたいものです……と、この原稿を書きながら集中力が途切れっぱなしの筆者も痛感しています。

<TEXT/女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ