Love

「お持ち帰りされても言い訳できる」デートの2軒目として人気の超意外な場所

 男性側のテンションの高さとは裏腹に気分がのらないときもある、デートの「2軒目」。繁華街で夜な夜な行われている終電前の攻防にも、微妙な変化があるという。  そこで最新事情を探るため、22~35歳未婚OL500人にアンケートをとった。

「カフェ」なら真剣な感じが出てGOOD

 変化の象徴として挙がったのが、「カフェでまったり」(391票)だ。 「クールダウンしそうで男性は敬遠しますが、今は女性の嗜好も多様化しているので、マニュアル通りにはいきません」と語る、恋愛コラムニストの勝部元気氏。  実際、「静かなカフェで話していると、真剣に付き合ってる感が出て、自分への言い訳ができる」(30歳・アパレル)と、持ち帰られることへのエクスキューズとなるもよう。男性主導で、なりふり構わず「すぐタクシーを止める」(174票)時代は終わったのだ。

公園でまったり散歩がイマドキ

 そして、タクシーと正反対に高評価を得たのが、「公園を散歩」(312票)。 「散歩が気持ちいいって、付き合ってるも同然じゃないですか。だから、許しちゃう」(27歳・保育)と、カフェと同様の心理が働く様子。 公園を散歩「男性側にとっても店に入るより、手を繋いだりキスするチャンスがある」と、肉食系ビッチブロガー・Betsy氏は話す。散歩という「何げない時間の共有」は、女性人気が高い。 「深夜までバーで粘られて、こっちが根負けしても、ホテルはすでに満室。結局タクシーで一人、帰りました」(32歳・不動産)という話もあるだけに、「2軒目は公園」という案も男性には考えていただきたい。 ==== ●ソソられる ・2軒目はカフェでまったりする 391票 ・2軒目はスイーツがおいしいBARへ 330票 ・2軒目に行く前に公園などを散歩する 312票 ●ソソられない ・2軒目にはタクシーで移動 174票 ※アンケート対象 全国の都市部に暮らす22~35歳の未婚OL500人に調査。各言動に対し、過半数以上の票を集めたものを「ソソられる」と認定 ==== <イラスト/ただりえこ> ―[ソソられる男/ソソられない男]の境界線【5】―
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ