Lifestyle

男女混合シェアハウスはトラブルだらけ…「テラハ」と現実は大違い

「だらしない性格の女のコがいて、掃除などで何度か口出ししたことがあったんです。ある日、掃除機をかけていたら誤って彼女の自転車のカギを吸い込んじゃって。彼女からしたら、僕のキレイ好きに不満が溜まっていたようで、そこでブチギレられてしまって……」  以来、彼女との溝は深まり、ほかの住人も彼女側についたため、全員からハブられるように。男女混合シェアハウスの場合、女性同居者に嫌われると男性は居場所を失うそうだ。

退去時はたいてい揉める

 その後、鷺坂さんは家を追われ、オーナーに専念。しかし、住人トラブルはこれで終わらない。 「退去時のクリーニングなどで、大半はもめますね。人脈づくりが目的なのに、もめてしまって絶縁状態の人ばかり。  一応ルールも作っていて入居時に説明もします。その規約に基づいて、うさぎを飼っていた人に退去後発生した12万円のクリーニング代を請求したら、『そんなの払わない』って言われてしまって。結局半額もらって、あとは持ち出し。安いこともあってか、どうも社会常識のない人が集まりやすいみたいです。  今でこそ多少黒字が出るようになりましたけど、費用対効果を考えたらオーナーは割に合わない。本当はもう辞めたいんです」  骨折り損のくたびれ儲けか。 ―激安シェアハウスの惨状【4】―
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ