Gourmet

プロもうなる市販パスタソース5選で、ボジョレーを倍楽しむ

 楽しさを、2倍に。

 ボジョレーヌーボーの季節になりました。今やすっかり初冬の風物詩として定着したボジョレー。苦味や渋味の少ないフレッシュな味わい、そして手頃な値段から購入できる点で、広く人気を集めています。

ボジョレー 今回は、このボジョレー解禁のワクワク感を倍増させるご提案。ボジョレーに合うオツマミを作るわけではありません。最近、スーパーの棚を見ると、各社がこぞって力を入れているモノ、それは「パスタソース」。以前よりも増してバリエーション豊かで、レストランもびっくりする程のハイクオリティーになっています。

 そうです、ボジョレーに合う、最高のパスタソースを探してみるのはどうでしょう? 楽しさ2倍、美味しさ2倍! 1人でもできて、パーティーでも盛り上がること間違いなしですよ!

お気に入りのピリ辛トマトソースを探せ



 ボジョレーヌーボーのフレッシュ感を味わうために、まずはお気に入りの「トマトソース」探しから始めましょう。各社から様々なモノが発売されていますが、中でもピエトロのパスタソース「なすとひき肉」は、隠し味の醤油が味の決め手で、イタリアンレストランにはない洋麺屋レストランの風格が漂います。パスタはもちろんのこと、ごはんや温野菜にかけても絶品です。

ピエトロ『辛味の効いたトマトソースが奥深い なすとひき肉』【製品情報】
ピエトロ『辛味の効いたトマトソースが奥深い なすとひき肉』 367円(税込み)
http://www.pietro.co.jp/product/pastasause/1syoku/38.html


ミートソースは、コクと香りで選ぶ



 赤ワインと言えば、肉料理。エスビーが誇る「予約でいっぱいの店」シリーズの中で、目を見張る新商品を発見しました。行列が絶えない超人気イタリアン「ラ・ベットラ」の落合務シェフだからこそ生み出せる贅沢ミートソース。牛肉やポルチーニの旨みを凝縮させ、トリュフの香りをまとわせた傑作に仕上がっています。もはやレトルト食品の次元を大きく超越。話題になる前にこそ味わっていただきたいアイテムです。

エスビー『予約でいっぱいの店の極上ボロネーゼ トリュフ仕立て』【製品情報】
エスビー『予約でいっぱいの店の極上ボロネーゼ トリュフ仕立て』 399円(税込)
http://www.sbfoods.co.jp/products/catalog/products_detail.php?GDSCODE=13425


クリーム系はカルボナーラよりも濃厚チーズ系を



 たまに無性に食べたくなるのが、「クリーム系」。代表選手のカルボナーラを選びたいところですが、タマゴ(特に半熟系)と赤ワインの相性は微妙。そこで、オススメなのが「チーズクリーム系」。中でもハインツのコチラの商品は、パルミジャーノ、クリームチーズ、エダム、ゴルゴンゾーラの4種が美味しくブレンドされ、バジルの香りが爽やかさを演出しています。濃厚なのにスルスル食べられてワインが進んでしまう魔法のソース。簡単リゾットのソースとしても重宝します。

ハインツ『大人むけのパスタ バジルが香る4種のチーズクリーム』【製品情報】
ハインツ『大人むけのパスタ バジルが香る4種のチーズクリーム』 262円(税込)
http://www.heinz.jp/Products/Pasta-sauce/Otonapasta_4cheese?


魚介系にするならカニ肉!?



 赤ワインと魚介。中々難しい組み合わせですが、グッドバランスを見つけた時の感動はひとしお。ボンゴレやペスカトーレは、貝類の生臭さが引き立つため要注意ですが、カニやエビは合わせ方次第で美味しく楽しめます。日清フーズから発売されている新商品のコチラは、カニ、トマト、クリームが上品にマリアージュ。クセがないため、具材を足すのも自由自在です。

日清フーズ『青の洞窟 蟹のトマトクリーム』【製品情報】
日清フーズ『青の洞窟 蟹のトマトクリーム』 189円(税込)
http://www.nisshin.com/products/detail/4902110367072.html


イカスミも賢く選べばベストマッチ



 タラコやウニ等の魚卵・珍味系は、避けていただきたい食材。しかしながら、イカスミは賢く選べば美味しさが開花します。キューピーのコチラの商品は、自宅で簡単に本格イタリアンが作れる、ヴェネト地方の代表的ソース。トマトソースの爽やかさが、イカスミの臭さや重さを吹き飛ばしてくれます。これぞまさに、家にこっそり常備しておきたい秘蔵アイテムかもしれません。

キューピー『Italiante いかすみ&ポモドーロ』【製品情報】
キューピー『Italiante いかすみ&ポモドーロ』 294円(税込)
http://www.kewpie.co.jp/italiante/products/

 今回ご紹介したのは、まだまだほんの一握り。自分好みのパスタソースを探しながら、「おうちボジョレー」「ひとりボジョレー」を楽しみましょう!

※各商品の金額は、地域・店舗によって異なることがあります。
※ソムリエのようにワインの魅力やオススメ食材を提案するものではありません。毎日の食事を楽しむための「新たなヒント」になれば幸いです。
<TEXT、PHOTO/料理研究家・スギアカツキ>

スギアカツキ
食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。在院中に方針転換、研究の世界から飛び出し、独自で長寿食・健康食の研究を始める。食に関する企業へのコンサルティングの他、TV、ラジオ、雑誌、ウェブなどで活躍中。人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。




あなたにおすすめ