♂&♀

性にオープンすぎる女性に、男性のホンネは?

 エッチやエロに対して、男が引くくらいの熱意をもって追究、発信する女性たちがいる。その前のめりぶりは、男性の目にはどう映るのか? 男性側の“勝手な感想”を聞いてみた。

性は男女平等だというから誘ったら…



「バーで知り合った女性と何度か会ううちに、『エッチや男女関係はイーブン』と言うからある日、ホテルへ誘ったんですよ」と切り出すのは、秋元涼さん(仮名・40歳)。

 そして実際に行為に臨む段になると女性から「高い下着だから脱がしてもほっぽらないで!」と怒声を浴びせられた。

「そのまま流れでいきたいところですが、とりあえずベッドから降りて下着を畳んでおきました」(秋元さん)

 しかし、その後も「化粧落ちるからキスをベタベタしないで」、「体重かけないで重いから」などと手厳しい指示が次々に飛ぶ。

エロ意識高い系 さらに「私のは舐めて! だけどアナタのは舐めない」、「気分が引くから音は立てないで」と大人のおもちゃのように扱われ、とどめの言葉は「あなた下手よねー」。秋元さんは、そのトラウマから今も中折れに苦しんでいるという。

 また、大里邦彦さん(仮名・33歳)は、彼女の部屋に、性を描いた作品で定評のある内田春菊、岡崎京子などのマンガがずらりと並んでいるのを見て驚愕。

 その後、夏石鈴子の短編集『バイブを買いに』などさらに強力な官能系書籍がどんどん増え、それらに感化されたのか「最後は『私のアソコは私のもの、誰とシようが私の勝手』と言われて別れました」と話す。

次のページ 
エロ意識高い系女子の特徴とは?

1
2




あなたにおすすめ