Entertainment

福山雅治の美しさはダメ男でこそ映える【春ドラマ評 月・火編】

夜の“朝ドラ”で元気を出そう

『重版出来!』公式サイトより

『重版出来!』公式サイトより http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/

重版出来! (TBS/火曜22時/出演・黒木華、オダギリジョー、坂口健太郎)  大手出版社の新入社員・黒沢心(黒木華)が配属された先は『週刊バイブス』。早く編集者として一人前になりたいと奮闘する心と、青年マンガ雑誌で売り上げ一位を目指す編集部の物語。  この手の熱血モノは演じる側のテンションがうるさくなる傾向が高い。そこを感じさせずにすんなり視聴できるのは、原作とのズレを1ミリも感じさせない心と黒木華のシンクロ率だ。真っ直ぐすぎる主人公がまんま原作から飛び出してきた感じ。この女優さんはホント、何をやっても嫌味がないと感心する。  ドラマ内、第2話の営業部部長から出た「俺たちが売っているのは本だが相手にしているのは人だ」のひと言や、心の座右の銘「精力善用・自他共栄」などグッとくるセリフも多いので仕事に疲れ、迷う人はぜひ。
次のページ 
女の執念がメラメラと燃えたぎる
1
2
3
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ