Beauty

運動嫌いでも…ストレッチでダイエットできる!基本の3動作

 本格的なエクササイズって、結局挫折しがちですよね。そのせいか、最近、地道なストレッチを習慣にする人が増えているそうなんです。ダイエットから肩こり解消まで、ストレッチは効果的。そこで、プロがすすめる基本動作を紹介しましょう。

運動より前に、その姿勢をどうにかしよう



 身体の気になるプヨプヨたるみ、実はその原因は「姿勢くずれ」。スッキリボディには姿勢(S字カーブ)を保つことが大切なのだそうです。

S字カーブ

左のような「S字カーブ」をキープするのが基本

 そのためには、姿勢の土台となる背骨や骨盤を正しい位置にキープする筋肉のバランスが必要。それには「ストレッチ」が効果的なのです。

 ストレッチで筋肉を伸ばすと身体の凝りがとれ、固くなっていた筋肉も柔らかくなるそう。筋トレとは違い、筋肉を柔らかくするストレッチは、ダイエット後も堅い身体ではなく“もちふわボディ”になるんですって。

 また、圧迫されていた血管が広がって血行がよくなり、酸素の取り込み量がふえて代謝もアップ。“痩せやすい”身体になるのだそうです。

どんなストレッチをすれば痩せるの?



 とはいえ、どんなストレッチをすればいいのかよくわかりません……というわけで、ここではフィットネスクラブの東急スポーツオアシスが提案する簡単ストレッチの一部をご紹介します。
※参考:『WEBGYM (http://sportsoasis-webgym.socialcast.jp/category/stretching)』。ストレッチ動画も色々載ってます。

S字メイク・背中ストレッチ「キャット&ドック」



 呼吸に合わせて背骨を丸めたり伸ばしたりすることで、インナーマッスルや内蔵が刺激され浮き輪改善やダイエットに効果大!


⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=516136

キャット&ドック(1)腕は肩幅、両ひざは腰幅に開き、床と垂直になるように、四つん這いの姿勢になりましょう。

キャット&ドック2(2)大きく息を吐きながら、猫が丸まるように背骨全体を丸めていきましょう。目線はおへそを覗き込むようにし、お腹に力が入っている事を意識しましょう。

キャット&ドック3(3)大きく息を吸いながら、天井を見上げるように大きく胸を張って背中を反らせます。目線は斜め上を見ましょう。この動作を10回行ないましょう。

次のページ 
下半身デブに! もも裏とお尻のストレッチ

1
2
3




あなたにおすすめ