Beauty
Lifestyle

肩こりが10秒で治るってホント?家でできるリンパケア

1.間質リンパを流す

 一般的なリンパマッサージがリンパ管を流れる管内リンパに重きを置いているのに対し、さとう式リンパケアは細胞間のリンパ液、間質リンパにアプローチしていきます。 肩こり

2.屈筋をゆるめる

 関節を曲げる時に使う筋肉を屈筋、伸ばす時に使うのが伸筋です。  筋肉をゆるめる8つの方法は…。 ・触れる…… 20グラム以下の力で触れる ・ゆらす…… 筋肉をそっとゆらす ・力を入れて力を抜く…… 一度力を入れてから抜くという反動作用を利用 ・息を吐く…… 副交感神経が優位になる ・バランスをとる…… 身体の前後のバランスをとる ・同期同調…… 周辺の筋肉をゆるめることで、隣り合う筋肉もゆるむ ・ゆるい言葉…… ゆるい言葉により筋肉もゆるむ  20グラム以下の力で触れる?  数字で言われてもわかりません。実際、スケールで計ってみると、小鳥や仔猫を、そうっと撫でる程度です。  つまり力は要らないのです。なんだか自分を労わっているよう。そういえば「手当て」の語源って「手を当てる」ですもんね。これは効くかも。  ゆるい言葉で筋肉がゆるむっていうのも、なんだかおもしろいです。 「言葉って大切ですよ。脳も身体も気持ちよく騙されちゃいます」と先生。  なるほど。一理ありますね。

3.身体は腔でできている

 さとう式リンパケアでは、内蔵などが収まっている空間を腔と呼び、口腔、胸腔、腹腔の3つの腔で構成されていると考えています。この腔は、筋肉の緊張によってつぶれ、それにより内臓の機能が低下、コリ、痛みの原因になっていたりします。  つぶれた腔を正していくことで安定した身体に近づき、痛みやゆがみがほぐれ、体液循環や内臓機能が活性化していくのです。  身体の前をゆるめれば、背中や頭皮までケアできちゃいます。時間、場所は選ばず。寝転がれるスペースがあれば、いつでもどこでもできるのもうれしい。  呼吸はゆっくりと、鼻から吸って口から出します。リラックスするのが、何より大切なのです。 <TEXT/森美樹 ILLUSTRATION/尾山奈央> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 もりおやま http://morioyama.com/ ●森美樹:1970年生まれ。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓。最新刊『幸福なハダカ』(同)が発売に https://twitter.com/morimikixxx ●尾山奈央:1980年生まれ。脚本家、エッセイスト。著書に『1年で20キロやせた私が見つけた月1断食ダイエット』(泰文堂)
1
2
Cxense Recommend widget
揉まない 押さない 引っ張らない 肩こりは10秒で治る

「揉まない、押さない、引っ張らない」を合言葉に、なんと10秒で辛かった肩こりが消えるとういう、この動きは「さとう式」と呼ばれ、今マスコミからも大きな注目を受けている。
本書は、一瞬で小顔になるという「耳たぶ回し」考案者である著者初の一冊になる。肩こりを治す「さとう式」に加え、体を不調を治す最新のメソッドを掲載。


幸福なハダカ

その男は、女たちの心も身体もハダカにする―病のため6歳の頃の体型のまま大人になった俳優の朔也。彼は「誰にも見せない」という約束で、女性のヌードを撮影している。20代のフリーター、40代の介護士、そして30代の対照的な主婦二人…年齢も容姿もバラバラの女たちは、なぜ彼にすべてを見せたのか?心を閉ざした女たちが再び人生を取り戻す姿を鮮やかに描く、日常と格闘するすべての人たちへの応援歌。




あなたにおすすめ