Lifestyle

大型シェアハウスに住んでみたら…施設が豪華!半分が外国人!

シェアハウスに住んでみた Vol.1】

 ちまたではシェアハウスが大人気ですね。出会いのチャンスあり、家賃が安いなどメリットはあれども、女子SPA!のこちらの記事(「く、くっさ~!家賃1万8千円シェアハウスのヤバさは想像以上」)のようにシェアハウスのデメリットも大きく取り上げられています。

シェアハウスは外国人率がハンパない



 そんな中、2カ月ほど前からシェアハウスに住んでいます。100人入れる巨大シェアハウスです。この数年でこの巨大シェアハウスが大人気、どのハウスも空室待ちという盛況っぷりです。

シェアハウス東京のポータルサイト『SHARE PARADE』http://sharepare.jp/

 入居者は、男女ほぼ同数、20代が圧倒的に多いです。

 100人も住めるわけは、企業の社員寮などをリフォームしているためです。Googleマップでハウスをチェックすると、建物に企業の社員寮の名前がついていたりします。

 キッチン、バス、トイレ、洗濯機など水回りは共同。家具も基本的なもの(ベッドや机、イス)は備え付けなので、身ひとつで入れます。家電類も一切不要、部屋は完全個室です。喫煙室以外は全面禁煙。

 敷金・礼金なし、更新料もなし。保証人いらず。たいへん気軽に入居できます。そして1カ月前に申告すればいつでも退去できます。そのためどのハウスも、外国人率がハンパなく高いです。約半数が外国人です。うちのハウスの共通語は英語です。私鉄に乗って留学している感じ。

次のページ 
大型シェアハウスは施設がゴージャス

1
2




あなたにおすすめ