Gourmet

「冷凍の枝豆」でダイエット!ハンバーグにも混ぜるだけ

 ガッツリ肉料理で、キレイにダイエット。

 ダイエットが気になる季節。太りたくないから、ボリューム満点な肉料理は我慢……だなんて考えていませんか? おいしい料理をむやみにセーブするのは残念ですし、そもそも暑さを乗り切るために、お肉でスタミナづくりをするのは決して悪いことではありません。

枝豆ハンバーグ(夏のヘルシーダイエットハンバーグ) そこで今回は、おいしいとダイエットを両立! 夏が旬の「枝豆」をたっぷり使った「ヘルシーハンバーグ」のレシピをご紹介します。

ポイント1:枝豆をたっぷり使う



⇒便利な冷凍モノでOK!

枝豆 ハンバーグを食べる上での心配事は、カロリーと脂肪分。そして野菜不足。枝豆は、豆と野菜両方の栄養的特徴を持っているので、低カロリーでありながら、たんぱく質・食物繊維・葉酸などのビタミン類が豊富。

 ひき肉の中にたっぷり混ぜ込むことにより、美容を考えたダイエットが実現します。今回は、便利でリーズナブルな冷凍枝豆を使います。

ポイント2:タネのつなぎには山芋だけ



⇒ヘルシー&香りよく仕上がる!

山芋(とろろ) タネのつなぎといえば、パン粉や牛乳。今回はヘルシーでありながら、ふっくら香り高く仕上げるために、「とろろ」を活用しましょう。

 枝豆と同様、コンビニやスーパーですりおろしたものが冷凍で売られていますから、自分で山芋をすりおろさなくてもOKです。

ポイント3:面倒なソース作りは不要



⇒パパっと作れる「わさび黄身醤油」で味わう!

わさび黄身醤油 ハンバーグを焼いた後の肉汁を使ってソースを……というのは意外と難しいもの。今回は発想を変えて、ひき肉・枝豆・とろろと相性の良い「黄身醤油+わさび」をつけダレにしてみましょう。とろりと濃厚、コクのあるまろやかな味わいが楽しめます。

 それでは、レシピの紹介です。

次のページ 
作り方はとっても簡単

1
2




あなたにおすすめ