♂&♀

前戯もろくにしないのは「本命」じゃないから?【性活相談】

AV男優・森林原人の性活相談 第51回】

経験人数7,500人、発射回数10,000発以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人が、女性の性に関するお悩みに答えます。


私のこと、そんなに好きじゃないから?



前戯相談者:あかね・24歳・事務

 飲みの場で出会った年上(36歳)の男性と意気投合して、その後、初めて二人で飲みに行った夜に流れでホテルに行きました。

 二人でベッドに横になって話していたら、彼が「舐めて」と言うので、「え、いきなり? キスもまだなのに?」と思いながらも舐めたら、その後すぐに挿入してきました。

 一応ゴムはつけていたものの、私が濡れているのを確認もせずに挿れてきたのにはビックリしました。もちろん、私はぜんぜん濡れていませんでした。

 男友達から、「男が前戯もろくにせずに挿れる時は、相手の女性は本命じゃない」と聞いたことがあったのですが、そういうことなのでしょうか?

 森林さんにとっては考えられないことだと思いますが、ご意見を伺えればうれしいです。

森林の回答



 僕の率直な意見としましては、本命じゃないとか以前に、「病気もってるかもな」って思う相手とする時は前戯をしないか、してもおざなりになります。これ、あかねさんがそう思われたかどうかは別にして、僕だったらという仮定の話です。

 こうゆう時の方針としては、出来る限り粘膜接触が少なく済むようにって感じです。キスの時は唾液を飲み込まないようにし、クンニするにしてもクリだけ舐めて膣の方は触れません。もし手でしたら、その手で目をこすったり、舐めたり、自分のモノを触ったりはしません。感染リスクを減らすための自己防衛です。

興奮してればなんでもできる



 ここまで気にするなら、やらなきゃいいんじゃんって自分でも思います。もちろん、仕事でやらざるを得ない時は仕方ないですが、そうじゃない時でもやっぱりしちゃうのは、どうしても性欲を抑えられないからなのです。ズルい言い訳ですが、肉体を目の前にするとアソコは別人格、って感じです。でもした後に決まって後悔するのです。「だったらオナニーで十分だったな」と。

 前回の相談の時にも書きましたが、セックス時の接触行為の許容度は、感情的な盛り上がり具合と性的興奮度に左右されます。触れる、舐める、くっつき絡まる、といった行為は、好きな相手とならどこまでもしたくなるし、興奮の度合いが高い場合は、勢いで色々しちゃいます。

“好きに見える性欲”に注意



 では、あかねさんの場合はどうかと言うと、お互いに好きという感情もないし、あったのは“好きに見える性欲”で、そのくせ興奮の度合いもそこそこって感じで、なかったことにしたいセックスです。

 まず、あかねさんは、この男とのセックスを引きずる必要も意味も何もありませんから、さっさと忘れましょう。つまらない男がいたもんですね。こうゆう男からはセックスを取り上げて、セックスに憧れてる童貞にあげたいです。その方が絶対にセックスに対して真面目でしょうから。

 そして、あかねさんが同じような苦い思いをしないために心がけることは2つです。

次のページ 
“なかったことにしたいセックス”をしない方法2つ

1
2
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」がいよいよ書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.
Q&A31本とコラム4本を収録。




あなたにおすすめ