Love

“プラトニック不倫”にハマる奥様たち。手をつないで眠るだけ…

 相手の男性は果たしてその関係に納得している? 「時々いたずらに、彼の下半身を触ってみたりしてます。我慢してるのが丸わかりで(笑)。それでも『別にしなくていい』っていう、ポーズなのか本音なのかわからないこと言うのが可愛いですね。  でも、お互いにパートナーがいる以上はエッチしないっていう約束だから……近くにいても触れられないのに、彼女は触れていると思うとジリジリするんですよね。それが辛くて気持ちイイです」  B美さんは「夫がいるから、相手に彼女がいるから」と言い聞かせるように繰り返していました。殊勝なようで意外と自分本位な言葉です。トキメキを求めるがゆえに、相手の感情に、あえて鈍感になっているようにすら思えます。

寸止めの危ういバランス

 今回話を聞いた二人に共通していること。それは『トキメキと嫉妬の浮き沈み』を求める心理と、相手が『草食系男子』だという点です。草食系男子はリスクを負うのを嫌う。相手が結婚している以上、手を出してまで欲しがることはないのでしょう。  相手が肉食系であれば、言葉通り喰われて終わりか、最初からこんな関係には至らないはず。  さらに言えば、きっと彼女たちにとっては「婚外片思い」をしていることが何より重要なのであって、結局のところ相手は誰でもいいのかもしれない。  しかし、たとえ片思いであったとしてもその対象は生身の人間。相手の男性が思いがけず、本気で想いを返してきてしまった時、彼女たちはどうするつもりなのでしょうか……? <TEXT/もちづき千代子>
1
2
3




あなたにおすすめ