Love

【友人以上不倫未満】セカンドパートナーという新しい関係のススメ

【コンテンツ提供 愛カツ】

 セカンドパートナーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。友人以上の関係ではあるものの、決して一線は超えない……そんなセカンドパートナーについて詳しく見ていきましょう。

友人以上不倫未満の関係



 結婚している伴侶があくまでメインのパートナー、つまりファーストパートナーだという認識の上で作るのがセカンドパートナーです。セカンドパートナーはその名の通り、お互い支え合う大切な存在。

愛カツ しかし、不倫とは大きく違う点があります。それは、身体の関係は一切持たないことです。身体の浮気はせずに、恋人として心の隙間を埋める存在……それがセカンドパートナーと言う考え方と言えるでしょう。ただ異性の友人とは違い、恋愛感情が存在するため、「心の浮気」にはなると考えられます。

利害関係の一致



 結婚生活が長くなると、妻や夫に対する愛情が薄れていき、単なる同居人と化している夫婦も少なくないと思います。しかしいくら愛情が無いからと言っても、子供が居たり、世間体を考えたりすると、そう簡単に離婚には至れません。

 離婚には至れないが愛には飢える……そんな男女の寂しい気持ちにより生まれたのがセカンドパートナーです。不倫はできないが恋人として愛し合える関係は、お互いの利害関係が一致していると言えます。

愛カツ

メリットも多い



 人間、心に余裕ができれば周りに優しくすることができます。セカンドパートナーの存在により、日常生活に良い影響をもたらしている人も少なくありません。

 不倫の場合は罪悪感に苛まれてしまいますが、セカンドパートナーではそこまで罪の意識がないというのが特徴。中には、家族公認でセカンドパートナーを持っている人も居るのです。ただしこれは稀な例ですから、最初は隠しておいた方が無難でしょう。

 朝起きて、仕事をして、寝るだけ……夫にも愛されず、恋愛なんてここ数年していない。そんな繰り返しの毎日に刺激が欲しいというのは、セカンドパートナーのおかげで、生活が潤い、毎日が楽しくなるかもしれません。

<TEXT/水林ゆづる>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【愛カツ】
愛カツ』は恋愛がうまくいかない女性を応援するポータルサイト。 恋愛・婚活に関するコラムや恋愛のプロフェッショナルが読者の悩みに答える「恋愛相談」が特徴です! 今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
あなたへの愛情が分かる3つの診断
え、浮気って未然に防げるの…?浮気している男性に共通する特徴4つ
もう限界………離婚したいあなたが踏むべき4個のステップ




あなたにおすすめ