Gourmet

便秘解消も!美人のもと、イタリアの煮込み料理「カポナータ」って?

 まだまだ野菜不足。

「日本は、ヘルシー野菜ブーム」だなんて、思っていませんか? それは大きな誤解。一人あたりの野菜消費量は年々減るばかり。1日の目標350gをクリアしている年代なんてナシ。実はアメリカよりも野菜を食べていないというのが現実です(※)。

 忙しいを理由に面倒がらず、生野菜サラダはほどほどに、もっとしっかり野菜を食べたいところです。そこで今回は、野菜不足を一気に解消できる、イタリアの煮込み料理「カポナータ」の作り方をご紹介。

カポナータ この料理、フランスのラタトゥイユに似た野菜の煮込み料理なんですが、甘酸っぱいコク旨テイストで、とにかくナスとズッキーニが感動のおいしさ! 栄養的にも二重マルで、美肌づくり・便秘対策・アンチエイジングをサポートする超美容メニューなんです。

 調理はシンプルで、おいしく作るコツはたった2つ。

1.ニンニクを使わない



⇒イタリア料理の野菜だし「ソフリット」で夏野菜のおいしさを生かす!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=567509

ソフリット イタリアンと言えば、「オリーブオイルにニンニク」と思いがちですが、夏野菜の香りや旨味を最大限引き立たせるためには、ニンニクに頼り過ぎない方がベター。代わりに、セロリ・玉ねぎ・ニンジンをオリーブオイルでじっくり炒めて作る「ソフリット」をベースに使いましょう。

2.パルミジャーノチーズで仕上げる



⇒コクと旨味をアップして、本格的な味わいに!

パルミジャーノ・レッジャーノ 野菜のおいしさを損なわぬよう、味付けは限りなくシンプルにしたいところ。それでいて、プロのようなコクや旨味をプラスするために、イタリアチーズの王様「パルミジャーノ・レッジャーノ」を仕上げにたっぷりふりかけましょう。

次のページ 
レシピはこちら

1
2




あなたにおすすめ