Gourmet

甘えび、ウニ、鮎…くっさくない「魚醤」でカップ麺も感動の味に

 そして、まだまだあるじゃないですか! 魚醤と言えば、イワシかイカだ思っていたところに、「えび」の魚醤を発見したのです。 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=585266 えび魚醤●甘えび魚醤油 雅(小樽海洋水産) http://www.otaru-kaiyo.co.jp/SHOP/I-1400.html 「えびの香ばしさと甘みが残るクセの少ない・・・」とあり、スープやラーメン、鍋やカレーにオススメとのことですが、中でも一番感動したのがコレ。 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=585267 納豆 いつもの「納豆」が、高級おつまみになった感じ。同様に「冷やっこ」もレベルアップしちゃいます。  最後に、珍しい魚醤を並べてみました。さあ、気になるものをお試ししてみてはいかがでしょうか? ・雲丹(ウニ) https://www.wakasa-marukai.co.jp/products/detail.php?product_id=14 ・北寄貝(ホッキガイ) http://www.dreamsite.ne.jp/user/tso-hokkigyoshou/webshop.php ・鮪(マグロ) http://marso.ocnk.net/product/21 ・鮭(サケ) http://www.sato-suisan.co.jp/quality/gyosho.html <TEXT,PHOTO/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【スギ アカツキ】 東大卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で料理研究をはじめる。モットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
1
2




あなたにおすすめ