Lifestyle

女子会嫌い、元彼のメールが癒し【アラサーOLのストイックな生活】

 20代の頃は時間を忘れて遊びほうけることもあったけれど、30代にもなると男女問わず「年を重ねるたびに友だちが減っているような気がする」という声を多く聞く。

 そんな“友だちが減る現象”は30代OLにとっても深刻だ。「友だち0人」を自認する女性に話を聞いた。

男よりもストイックな休日を好む 友達0人のOLたち



 まずは受付事務として働く天野理紗さん(仮名・33歳)。彼女の場合は、周りの友だちが結婚したことで、休日を一人で過ごすようになったという。

「女のコの場合、大体そうじゃないかな。友だちが結婚しちゃうと時間も合わないし、彼女たちの家庭を考えるとなんか誘いづらくて」

 そんな彼女の休日の楽しみはもっぱら携帯メール。

「朝は犬の散歩と部屋の掃除。それが終わったら、保存してある別れた彼とのメールを読み返すんです。読み返すたびに、彼との記憶が蘇ってくるんですけど、それだけで幸せな気分になりますね」

 休日を思い出で埋める天野さん。気になる男性はいないのだろうか。

「いつも会社と家の往復で職場の男性ぐらいしか会わないので、出会いがないんですよ。でも、彼氏や友だちがいなくても寂しくはありません。多くの女性って上辺だけの仲良しこよしが好きだけど、私、その考え方が嫌いだし、そういう女性とは仲良くなりたいとも思わないですから」

 そして、エステティシャンの和田芳美さん(仮名・34歳)の休日は、オンラインビデオ配信サービス「Hulu」で海外ドラマに浸るという。

「土日が仕事なので大半のコとは予定が合わないんです。同じ業界の仲間に誘われることもありますけど、その週の予約状況がいっぱいだったら、まず断りますね。仕事の忙しさを考えて断ってしまう時点で、友だち関係ではないと思います」

 しかし、仕事と家の往復だけでは、ストレス過多になってしまわないのだろうか?

「男の人って友だちと騒いだりすることが楽しいと思うけど、女はそんなに求めてないと思いますね。大体、私は体質的にお酒が飲めないから、女子会とかもありえない。悩み事などは自分で解決するし、友だちには何も求めていないから、いなくても困らないんです。それに、Huluには観たい海外ドラマが多すぎて、誰かと会ってるヒマはないんですよ」

 近況報告などを目的とした、自他ともに認めるほど表層的な女子会には興味を示さない女たち。孤独を呑み込んだ彼女たちには、静かな休日がお似合いのようだ。

<PHOTO/Stangot>
― 友だちが減っていく現象の恐怖【5】―




あなたにおすすめ