Lifestyle

彼氏の実家に帰省。待っていた“謎の女”の正体は…

「彼氏に『今年は一緒に里帰りしない?』なんて言われてつい舞い上がっちゃったんですよね……。完全に親への紹介=結婚への伏線だと信じて、ついていきました」

 そう言って苦い思い出を語ってくれたのは、後藤結子さん(仮名・31歳・WEBデザイナー)。ちょうど一年前の年末年始、付き合って半年の彼氏・Sさんから、彼の地元への里帰りに誘われました。

田舎道に女性 合コンで知り合ったSさんは、広告代理店で働くクリエイター。星野源に似た、インテリ系の眼鏡男子でした。

「イケメンではないけど、センスが良くて仕事もデキる男。マジメで浮気もしなさそう。超惚れてるってわけじゃなかったけど、私の年も年だし、この人で決めちゃいたいなって気持ちがあったんです」

 どうやらSさんも同じ気持ちだったらしく、「一緒に住むならどの辺がいいかな」など、具体的な話を持ち掛けられることが多かったとか。その流れでの里帰りの誘い。結子さんが期待に胸をふくらませるのも頷(うなず)けます。

彼の実家で待っていた、謎の女性



「年末、彼の実家のある中国地方のT県へと向かいました。私はルンルン、彼もご機嫌で、その時までは本当に幸せだったんです」

 出迎えてくれたのは、Sさんの両親と祖父母。はじめは大歓迎されました。

 ただ、ひとつ気になったのは食卓を一緒に囲む、一人の家族ではない人物の存在。R子と名乗った彼女は、いかにも田舎の女性といった雰囲気の、ひいき目にいって素朴、端的に言えばダサい、同年代くらいの女性でした。

おせち「初めのうちは妹さんかな? と思ったんですけど、どうも違うっぽい。で、食事が終わると、お母さんが突然おかしなことを言いだしたんです。『さあ、これでいい思い出も出来たでしょう? そろそろ、お帰りになられたら?』って」

 Sさんの両親と祖父母の目は、まったく笑ってなかったそうです。頭が「?」でいっぱいの結子さんはSさんの顔をチラリ。Sさんは顔面蒼白だったといいます。そしてR子さんを見ると、彼女は意地の悪い表情でニヤニヤ。

 いったいどういうことなのか分からぬまま黙っていると、Sさんが急に席を立ち結子さんに「帰ろう」と告げました。

次のページ 
カバンの中に入れられていた彼氏の写真には…

1
2




あなたにおすすめ