Entertainment

「吉田羊は違~う!」男がホントに惚れる“美熟女”7人

 まだまだ若いアイドル全盛の芸能界ですが、一方で美しいアラフォー人気も高まっています。特に昨年CM女王に輝いた吉田羊(年齢非公表)や、大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で新垣結衣(28)に劣らずキュートだった石田ゆり子(47)の活躍が目立ちました。

 でもキレイだなと感じるオーバー40は男女で少しちがうように感じるのです。しかもたいていの男は若い女子が好きですから、女性主導の議論になりがち。

 というわけで、ここからはテレビウォッチャーの沢渡風太が、男目線で厳選したオトナの女性をご紹介していきたいと思います。

①レジェンド 名取裕子(59・女優)



名取裕子

昨年4月の二人芝居「マーシー・シート」ポスター。還暦間近とは思えない美脚!

 まずはこのお方に触れないわけにはいきません。昨今流行りの“美魔女”とは一線を画す美しさでしょうか。

 男からすると、名取さんのような湿り気や柔らかさがありがたいのです。人気子役の本田望結(12)と共演するテレビ朝日系ドラマ『探偵少女アリサ』(1月28日から放送)は、色々な意味で注目ですね。


②奇跡のアラフィフ 伊藤聡子(49・フリーキャスター)



伊藤聡子

(C)日本タレント名鑑

 TBS系の『ひるおび』で毎週水曜日のコメンテーターを務める伊藤さんですが、BS日テレ『大人のヨーロッパ街歩き』でのワンシーンから人気に火がつきました。ルーマニアでエステを受けた際の“横乳”にネット上の野郎どもが騒然となったのです。

 そういえばよく見ると、お顔立ちが石田ゆり子さんに似ているような。そんなところも男心をくすぐるのかもしれません。

③だまってればキレイ 井森美幸(48・タレント)



井森美幸

井森美幸は、中山秀征とともに「ぐんま大使」を務めている。画像は群馬県観光ポスター

 いまや多くのバラエティ番組で欠かせない潤滑油となっている井森さん。話を振られればスベり知らずで、そのトークたるや速射砲のごとし。

 でもテレビの音声を消して見ると、なんと美人ではないですか!『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)で有吉弘行(42)と掛け合う姿からは、一見ガサツなようでいて、細やかな気遣いがうかがえます。

④“20世紀最後の正統派アイドル”からの脱皮 高橋由美子(43・女優、歌手)



高橋由美子

高橋由美子は、さいたま市観光宣伝部長に。画像はJR「小さな旅」のパンフ

 よほどのキャラ変更でもしない限り、どんどんくすんでいってしまうのがアイドル。10代や20代前半で絶頂期を迎えた人ならなおさらです。そこへいくと、高橋さんは上手にシフトチェンジしているのではないでしょうか。かわいらしさはそのままに、年齢の分だけくたびれた感じが静かに色っぽいのです。

『今夜くらべてみました』(日テレ系)で公開した居酒屋でのたたずまいが印象的でした。

次のページ 
このアラフォーに目が釘付け

1
2




あなたにおすすめ