Entertainment

「吉田羊は違~う!」男がホントに惚れる“美熟女”7人

⑤まだまだルーキー 佐藤仁美(37・女優)

佐藤仁美

佐藤仁美(右)主演の映画『惑う』のチラシ。2016年1月21日より公開中(C)2016みしまびとプロジェクト/ものがたり法人FireWorks

 かつての名作ドラマ『イグアナの娘』で菅野美穂(39)の友人役に抜擢され人気を博した佐藤さん。現在は竹を割ったような男っぽい性格と酒豪ぶりで新たな魅力を発揮して、バラエティ番組で再ブレイク中です。その変わり様から、“昔はかわいかったのに”と言われるのですが、とんでもない! 今後が楽しみな、“ルーキー美魔女”です。

⑥あの涙が気になって 水原恵理(40・テレビ東京アナウンサー)

 プロのアナウンサーたるもの、収録中に泣くなんてもってのほか。とお考えの人もいるでしょう。ただし、その姿があまりにも真に迫っていたらどうでしょう?  1月6日に放送された『熱唱! 孤高の歌姫伝説 ちあきなおみ歌の世界』(BSジャパン)で小倉智昭(69)とともに司会進行を務めた水原アナ。すると「ねぇあんた」という曲が流れたあと、ポロポロと涙が止まらなくなってしまったのです。  そりゃ40年も生きていれば、色々とあるわな。なんかいいシーンでした。

⑦めったにお目にかかれない 安藤佐和子(年齢不詳・日本テレビ解説委員)

安藤佐和子

「日テレNEWS24」サイトのキャプチャ http://www.news24.jp/

 最後は沢渡のイチ押し。シャープな相田翔子といった感じの超美人。一昨年『ミヤネ屋』で大塚家具のお家騒動を解説をしていました。詳しいプロフィールや出演する番組も分からずもどかしい思いですが、運よく拝見できた日は気分がいいです。  まだまだご紹介したいのですが、このあたりで。女性が輝く社会、バンザイ!! <TEXT/沢渡風太>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ