Beauty

一生太らない食べ方とは…もう食欲が暴走しない「味わう技術」

 ダイエットとは、すなわち我慢である――私を筆頭に誰もがそう思っているはず。

 ところが『一生太らない魔法の食欲鎮静術』の著者、プロボディデザイナーでありパーソナルインストラクター兼ヨガインストラクターの松尾伊津香さんは断言します。「本当の味わい方を一度知ったらむしろ太れない」と。

味わい

本当に味わって食べれば「太れない」



 食べ物はまず舌を通りますが、味覚に特化した神経は舌先3分の2だそう。松尾さんが言う味覚を研ぎ澄ますための3ステップは……。

1)食べ物を奥歯で噛む
2)すぐ舌先の方へ持っていく
3)舌で味を感じながら食べ続ける


 私も若かりし頃は食パンにバターを塗りまくり一斤一気に平らげたり(バターを山盛りにしたパンをトースターに入れ、溶けたバターが引火してボヤを起こした)、ご飯を3合平らげたり、無茶食いをしては無茶なダイエットをするというループにはまっていました。だからわかるのです、味覚を無視すると胃袋まで麻痺するということが。

舌先 舌先を意識しただけで痩せるの?などと不審がらずに「エレガントな食べ方だわ」と考え方を変えてやってみると楽しいかも。

ゆっくり食事瞑想で、食欲の暴走を抑えられる



 一度でもダイエットに挑戦した方は痛感していると思いますが、食と心は繋がっています。

 遠い昔、高校受験の際に私は毎晩ミルキーを一袋平らげていました。勉強のストレスや焦りが異常に飴を舐める行為に化けたのでしょう。

 ニセの食欲に気づいていない方にこそ有効なのが、松尾さんが勧める食事瞑想です。

<食事瞑想のプロセス>
1)舌先に食べ物をあてる
2)胃の重さと温度を感じ取る


 これだけです。これだけかよ? とまた不審がる方がいるかもね。

 ゆっくり食べて胃の反応に敏感になると、「もっと食べたい!」という欲望の暴走を抑えられるというのです。いま流行りの「マインドフルネス」を、食事中にやるようなものですね。

 太り気味の方は早食い傾向があるので、いちいち感じて食べていれば自然と食べるスピードが遅くなり、血糖値も急上昇せず、それだけでも得策です。

次のページ 
健康に捉われすぎた食べ方は、もはやビョーキ

1
2
あなたにおすすめ