Beauty

顔が小さく見える帽子って?失敗しない帽子の選び方

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」28 by小林直子●

Q.帽子の選び方を教えてください



 帽子が似あう人、そうでない人はいるでしょうか? 帽子選びのコツを教えてください。

A.ブリム(つば)の大きさに注意しましょう



 夏の日差しから頭部を守り、冬は防寒にもなる帽子ですが、「夜目遠目笠の内」ということわざにもあるように、夜に見たとき、遠くから見たとき、そして笠(この場合はかぶり笠)の下に顔がちらちらと見える様が女性はとても美しく見えるということです。そんな帽子を日常に取り入れない手はありません。


 またビッグシルエットが主流となった今、帽子を取り入れたコーディネートはコレクションでも多く登場するようになりました。シャネルの16/17クルーズコレクションに見られるような、ボリューミーなフレアスカートとパナマハットの組み合わせはそのいい例です。では、どうやって帽子を取り入れたらよいでしょうか。

 まず形の問題です。ブリムと呼ばれる帽子のつばの部分は狭いものから広いもの、また前だけブリムがあるもの、まったくブリムのないものなどいろいろありますが、皆さんがお望みなのは顔がより小さく見えるものでしょう。顔の周囲に広いブリムが広がるほうが、顔は小さく見えます。または逆に全くブリムがないもの、もしくはキャスケットなどの前だけのものも、それほど顔は大きく見えません。

フリンジハット

FERRUCCIO VECCHI フリンジハット 10000円 画像:WEAR

ブリムが4~5cmの帽子は、顔が大きく見える



 一番やっかいなのは、ブリムの大きさが4~5cmのタイプのもの。このタイプは一見、小さい帽子なので顔と頭が小さく見えそうなのですが、いざかぶってみると、顔と頭の大きさが変に強調されて、顔と頭が小さく見えません。もともと背が高く、頭も顔も小さい方には向いていますが、背もあまり高くなく、頭もごく普通という場合は避けたほうがよいでしょう。

 ただし、ブリムが8cmもあるようなつば広帽は頭も顔も小さく見えていいのですが、電車に乗ると隣の人にぶつかりますから、混んでいる電車に乗る場合は不向きです。それでもつば広帽をかぶりたいという場合は、畳めるタイプの帽子がよいでしょう。日本は帽子を脱がなければいけない場面が多々ありますから、すぐバッグにしまえるタイプが便利だと思います。

つば広

DRWCYS 中折れダウンハット 6372円 画像:WEAR

 ちなみに、ベレー帽やニットキャップなどのブリムがない帽子は室内でもかぶっていいと、私は学校で習いました。それでもやはり学校で講義を聞いたり、仕事場で帽子をかぶるのはやめておいたほうがよいでしょう。帽子をかぶってもいいのかどうかは、そこの場所のルールに従ってください。

次のページ 
絶対ハズさない色の選び方

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。

あなたにおすすめ