Love

バカに見える…「話しててウンザリ」される女の残念トーク集

 よく、「見た目だけでなく内面の美しさを」なんて言われますが、内面がもっとも表れるのが「おしゃべり」。まず女性の見た目に惹かれてデートした男性が、「やっぱ無理だわ~」と思う理由として、「話がまったく弾まない」ということが往々にしてあるものです。

 初回のデートで、「次はないな……」と思われちゃうダメトークとは? 女子SPA!総研が30代独身男性100人にインターネットでアンケートを取ってみました。

5割近くの男性に不評の「あいづち下手」



<30代独身男性100人に聞きました>
Q.見た目は良い女性でも、話していて「2回目のデートはないな」と思うトークは?

(4つまで選択)

<アウト!>

・あいづちが「ウケる~」ばっかり:44%

<要注意!>

・「財務省のAさんとよく飲むんだけど」などと人脈自慢:32%
・「ヤリマン」「ハメ撮り」などエロ単語がチラホラ:29%
・自分(男性)の学歴や年収について探りを入れてくる:29%
・「やべぇ」「食った~」など男言葉がチラホラ:27%
・仕事のグチや同僚の悪口を言う:27%
・「ほら、私って○○な人じゃない?」などと自分語り:21%

 男性はだいたい自分語りをしたがるものなので、女性としては「うまくあいづちを打っておけばOK!」だったりします。ところが、ダメトークの1位は、「あいづちが『ウケる~』ばっかり」で実に44%。

「明らかに話を聞いてないし、なんというか、バカ丸出しですよね……」(32歳・男)。

 要注意トークのなかで、「エロ単語」「悪口」「男言葉」よりもマズいのは、なんと「人脈自慢」(32%)という結果でした。

 「マスコミ関係のアラフォー女性と飲んでたら、官僚とか広告代理店のキーマンの名前を次々出しては、人脈自慢。しかも呼び捨てで、『この業界で生きられなくしてやる』とか言うんですよ。怖すぎます」(38歳・男)。

卑屈やデイベート系は意外とセーフ 



 一方で、意外とNG比率が低かったのが以下のようなトークです。

<微妙だけどセーフ>

・「その考えは甘いよ」などと議論をふっかけてくる:18%
・あいづちが「すごーい」ばっかり:17%
・「毒親に受けたトラウマ」などを語って涙ぐむ:14%
・「私なんかずっと非モテですから」など卑屈:9%
・「特定秘密保護法案についてどう思う?」など時事放談:7%

 「いかに自分がこじらせてて非モテか」を話す自虐(自慢?)トークや、議論をふっかけてくるトークは、女性同士で話してるとものすごくウザいもの。でも、男性から見るとNG率はそれほど高くありませんでした。まあ、「4つ選択」というアンケートなので、「他の選択肢よりはマシということ」(31歳・男)。

 あいづちは「ウケる~」が大不評でも、「すごーい」はセーフゾーンなので、男の話がつまんないときは「すごーい」と言っておくほうが無難です。

【調査概要】
全国の30代・独身男性100人にインターネットでアンケート
調査日:2014年1月30日 調査主体:女子SPA!総研 調査機関:リサーチプラス

<TEXT/女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ