Job&Money

老後のための確定拠出年金は「45歳からやればいい」

ひとつの目安は「45歳以上はやれ、45歳までは待て」

 iDeCoをするのであれば、上限額いっぱいで取り組んだ方が手数料の割合が下げられるため合理的。しかし、60歳まで引き出せないことを考慮する必要がある。ということであれば、どのようにiDeCoと付き合うのが良いでしょうか。 老後 私は、一つの目安として”45歳以上はやれ、45歳までは待て”と言えるのではないかと考えています。  45歳以上ではセカンドライフを迎えるまでに残された時間が比較的短くなるため、強制的に一定の老後資金を確保すべくiDeCoに取り組む必要性が高くなります。また、まとまった預貯金ができていれば、その資金をiDeCo口座に移動させる(銀行普通預金残金をiDeCo内定期預金購入に充てる)ことで減税効果も得られるため、活用できるパターンも多いと言えます。  45歳未満でも、既にある程度の預貯金がある場合や、毎月2万円程度の資産運用を継続できている人にとってはiDeCoは有利に働きそうです。  資産運用が初めてだったり、貯蓄習慣がまだあまり定着していない若い層にとっては、貯めるお金が60歳以降にしか引き出せないお金になることの負担が重い可能性があります。無理にiDeCoにこだわらず、NISAなど、資金をすぐ引き出せる口座を使って、自分に合う投資スタイルを探すところから始めても良いでしょう。  iDeCoの上限額が自分にとって続けやすい金額なのか、“慎重に判断する”意味の待てで、資産形成にとりくまない方が良いという意味ではありません。

上限額を積み立てるメドが立ったら、全力で始める

 iDeCoに限らず、資産形成は早めに取り組む方が冷静な判断ができたり、期待できる利益が大きくなったりといったメリットがあります。とはいえ、直近の生活やライフイベントでお金に困る事態は避けたいでしょう。  iDeCoについては情報収集などは早めに行いながら、拠出上限額を続けられそうな目処が立ったタイミングで全力で取り組む、が1つの選択肢といえそうです。 <TEXT/風呂内亜矢> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【風呂内 亜矢(ふろうち・あや)】 ファイナンシャルプランナー。CFP認定者、宅地建物取引士。26歳でマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強を始める。現在はテレビ、ラジオ、雑誌等でお金に関する情報を発信している。近著に『デキる女は「抜け目」ない』、監修書籍に『マンガでわかる確定拠出年金』など 公式サイト:http://www.furouchi.com/ 公式ツイッター:@furouchiaya
風呂内亜矢
(ふろうち・あや)ファイナンシャルプランナー。CFP認定者、宅地建物取引士。26歳でマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強を始める。現在はテレビ、ラジオ、雑誌等でお金に関する情報を発信している。近著は『最新版 届け出だけでもらえるお金 戻ってくるお金』(監修)、『超ど素人がはじめる資産運用
1
2
Cxense Recommend widget
■お知らせ
(出演)スズキ presents ニコニコ生活講座 season3 #3
ガス・電力自由化 ~ 光熱費節約徹底検証
2017/6/15(木)21:00~
http://live.nicovideo.jp/watch/lv297816201

(出演)日経CNBC夜エクスプレス<マネーコーナー>
2017/6/28(水)21:00~
http://www.nikkei-cnbc.co.jp/information/60231


あなたにおすすめ