Beauty

かえってデブに見える!?ワイドパンツの意外な落とし穴

 某有名アパレルショップ店員kusumaです。

 下半身の体型カバーに便利なワイドパンツですが、履いているから安心! と思っていると、かえって下半身が太って見えていることも……。

 今日はワイドパンツの落とし穴をご紹介していきます。

太すぎるシルエットは着太りする



マルチストライプワイドパンツ

ZOZOより

 足の太さが気になる人にとって、ワイドパンツは足のシルエットを隠してくれるありがたいアイテム。でも、太すぎるシルエットだと縦のラインより横に広がったラインが目立ってしまい、着太りだけでなく短足をも引き起こしてしまうのです。

 最近ではコンバースのようなソールの低いスニーカーを合わせる人が多いですが、太すぎるサイズは短足を加速するので注意!

ウエストゴムはお尻が垂れて見える



UR ポンチワイドタックパンツ

ZOZOより

 快適に履けることからウエストゴムのタイプが増えていますが、実はウエストゴムはお尻が長く見えてしまい、トップスインで垂れケツなシルエットに……。

 コンパクトボトムスのトップスインはウエストとヒップの境目がはっきり分かるのでハイウエスト効果が期待できますが、ワイドパンツではただお尻を長くするだけ!

 ウエストにベルトを合わせればくびれにポイントができるので細くみえますが、楽だからといってベルトなしで履いてる人も多く見かけます。そうすると、若い人ですらお尻がおばさんなんてことも……。

次のページ 
多すぎるタックは下半身デブを助長

1
2
あなたにおすすめ