Beauty
Lifestyle

生理が不調、なんかダルい人は要注意。30代から始める更年期の準備

 熟年になって突然怒りっぽくなった母親に接して「もしかして更年期症状かな」と心配になったり、「明日は我が身……」と暗い気持ちになったことはないでしょうか。

生理の不調

やがてくる「更年期障害」は予防できる



「更年期障害」は精神的に不安定になる時期、という捉え方をされがちですが、体調面での変化も多く見られます。

c162ee350f6cff0075314a0c7809cbaa_s 更年期症状の診断のための「簡略更年期指数」(SIM)というチェックリストを見ると、月経異常、めまいや動機、大汗、疲れ、体の冷えなど様々な体調面での変化が起こることが分かります。

 さてこの更年期障害、できれば発症を遅らせたいし、症状が軽くあってほしいもの。今回は更年期障害の予防方法について「咲江レディスクリニック」の丹羽咲江先生にお話を伺いました。

丹羽先生写真

丹羽先生

――更年期障害を予防するにはどういったことに心がければよいのでしょうか?

丹羽「45歳から55歳の間に起きる『更年期障害』も、20~30代でも起きる『若年性更年期』も同じなのですが、生活が不規則だったり、食事の内容が偏っている、携帯やスマホを寝る直前まで見ていて眠りが浅い、忙しすぎて睡眠時間がそもそも足りない人は要注意です。

 そういう生活を続けている方は更年期症状が出やすくなるので、予防のために生活を改善することが第一です。

 具体的には、十分で規則正しい睡眠、ストレッチなどの軽めの運動、そしてバランスの良い食事を摂ることを心がけること、ですね」

――なりやすい人の特徴も、若年性更年期と、通常の更年期障害では同じでしょうか?

丹羽「同じです。更年期症状が出やすい生活をしている人は血行が悪い人が多いので、冷え性、むくみやすい、肩こりなどの症状が出やすく、月経不順や吹き出物、生理前の体調不良や月経痛などの婦人科系症状が出やすくなります。

 また、体が冷えることは、基本的に女性にとって望ましくないですね」

次のページ 
激しい運動より、「深呼吸」がいい

1
2




あなたにおすすめ