♂&♀

20分持続する筋肉マンは実在した 【女性に聞いた最高の夜】

殿方の前では言えないけれど、「あの夜は最高だった…」と何度も思い出すSEXというのがある。とっとと忘れたい最低のSEXもある。他の女性たちはどんな経験をしているの? そこで20~30代の未婚女性200人へのアンケートと、個人へのエピソード取材で、最高/最低の記憶を探ってみた。

「鋼のボディ」は見かけ倒しじゃなかった



大泉優花さん(仮名)29歳・受付のケース

<人生最高のSEX体験談>

筋肉 千葉県で某企業の受付嬢をする、AKB48の小嶋陽菜似の美女、大泉さん。経験人数10人というなかで一度、プレイ中にあまりの気持ちよさに失神してしまった経験がある。数年前、飲み屋で意気投合した男性グループのうちの1人と抜け駆けした夜のことだった。

「向かったのは、そこらへんにあった何の変哲もないラブホテル。ムードもへったくれもないところだったけれど、私のほうはやる気マンマンでした。それというのも、彼の体です。両手で輪っかを作っても届かないほどの首回り、大きなTシャツの袖の隙間がなくなるほどの二の腕の太さ、そして抱きついても腕が回らないほどの胸囲の持ち主でした。格闘か何かをやっているのかと聞いたら、どうやら昔から野球をやっているとのこと。男性が女性のボディラインを見て興奮するように、女性も男性の鍛え上げられた体を見ると、燃えてくるものなんです。男性はテクニックの向上ばかりに目を向けますが、まずはそのたるみきった体を引き締めることから始めたほうがいいですよ」

 しかも、彼の鋼のような筋肉は、見せかけではなかった。何より驚いたのは、挿入後の彼の“働きぶり”である。

「バック、側位、正常位といろいろな体位で突かれましたが、彼が腰を休めることは一切ありませんでした。普通は途中で疲れてしまい、突くことをやめて、奥をグリングリンかき混ぜてくるんですね。でも、これって、女性はまったく気持ちよくない(苦笑)。それよりも、ずっと突いてくれたほうが、ズンズンと振動が体の中に伝わって女性は気持ちいいんです。20分以上も連続して突かれたことで、3回もイカされて、その後失神してしまいました。時間をかけて突いてくれれば、たいていの女性はイケると思います。でも、そこまで体力がある男性はなかなかいないですよね」

 いったい彼の足腰の強さは、どこから生まれるものなのか? 実はこの話には後日談があるのだ。

「3年前のある朝『めざましテレビ』を観ていたら、彼が出ていてびっくり! 彼、記者会見に臨んでいたんです。なんと彼、現役のプロ野球選手だったんですよ!しかもその後の,09 年のワールド・ベースボール・クラシックに出場している有名選手でした(笑)。あの足腰の強さも、キャンプ仕込みだったら納得です。私のほうが携帯電話のアドレスを変えたときに連絡先を間違えて消してしまったので、もう彼とは連絡は取れないのですが、あのベッドのスプリングがギュウギュウ悲鳴をあげるほどの激しさはまた味わいたいですね……」

 失神なんて本当にあるんですねえ。

<PHOTO/Skyfotostock>
― 女性が語る[人生最高/最低]のSEX【6】 ―




あなたにおすすめ