♂&♀
Lifestyle

寂しさと貧しさで「誰とでも寝てしまう…」。離婚女性のつらすぎる告白

 貧困女性たちの性事情に迫る本企画。第2回は、離婚をきっかけに貧困に陥ってしまった女性に話を聞いた。

離婚で娘を失ってから、誰とでも寝てしまう…



 シングルマザーの田村千佳さん(仮名・35歳)は離婚後、元夫からの慰謝料だけでは生活できず、朝から晩まで働き体を酷使してきた。でも、病気を患ったため働けなくなり、生活保護を受け始めたのは2年前のこと。そこから自身の“性”が急激に狂いはじめたという。

シングルマザー

写真はイメージです

「私には扶養能力がないと判断されて、一人娘は元旦那に引き取られました。その喪失感がすごくて、気づけば知り合った男性と誰でも寝るようになったんです。結婚するまでは経験人数2人だったのに……。

 ホテル代を出してくれる男性ならば、ほぼ断ることはなかったですね。生活は厳しいし風俗でもすればいいんでしょうが、こんな私にお客さんがつくとも思えないし、そもそもそんな勇気もないし……」

 寂しさをまぎらわすためとはいえ、見ず知らずの男を受け入れる日々は1年以上続いた。あるときは男に許可なく裸を撮影され、「それをネタに脅されたこともある」とか。そんな荒んだ生活が落ち着いたのは、現在の彼氏に出会ってからだという。

「30代の妻子持ちでしたが、同郷だったことから盛り上がって、付き合うことになりました。とはいえ彼は毎月3万円のお小遣い制なので、金銭援助はほとんど期待できないんです…」

お金がなくて、彼氏に会うのは月に一度だけ



 田村さんが暮らすアパートは、他にも生活保護受給者が多いため、男性を呼ぶことはできない。ケースワーカーに密告などされれば、保護者がいるとみなされて、支給が止められるリスクがあるからだ。

 顔バレを警戒してデートにもマスク&眼鏡で変装。ムードもなにもない極狭なレンタルルームで限られた逢瀬を楽しむという。

「だから会うのは互いの中間距離にある都内の繁華街で毎月1度だけです。彼もあんまりお金がないから電車賃を浮かせるために、1時間以上歩いて現地に向かうこともあります。ラブホテルは休憩料金でも私たちにとっては割高なので、使うのはもっぱら1時間1500円のレンタルルーム。抱かれたらすぐに帰宅します。まるで無料のデリヘル嬢ですよね」

 金欠の彼氏の“甘え”のようにも思えるが、そんな状況をわかりながらも、彼氏の言葉一つひとつが心の支えになっているという。

「彼からは『夫婦仲は決してよくない』と聞いているし、私のことを『愛している』と言ってくれます。将来もしかしたら自分の元に来てくれるかもしれないじゃないですか? だからといって彼の家庭を壊すほどの度胸(どきょう)もないから、しばらくは現状維持ですね」

 彼女が幸せになる日が来ることを、心から祈らずにはいられない…。

女性の貧困と性 vol.2―

あなたにおすすめ