Entertainment

竹内涼真に萌える『過保護のカホコ』「ギャップが可愛い」と30代女性が絶叫!

 先週8月30日に放送された第8話『過保護のカホコ』。竹内涼真演じる麦野初(むぎの はじめ)が高畑充希演じる加穂子にしがみついて「か~!ほ~!こ~!」と泣きじゃくるシーンが話題になっています。


 これまでの粗野で口の悪い初と打って変わって、子供のような甘え方。落差があり過ぎてちょっとダサかったけれど、それもまた良し。かわいかった~。“ギャップ萌え”している人が続出しているようです。

「別れるって言うなよ~」ってセリフがまたたまらなかったですね。加穂子のこと、どんだけ好きだったんだと。

 7歳で別れた母親と再会したことで思いが爆発。これまで肩肘を張って生きてきたことがわかるシーンでした。

テンポの速い二人の恋模様が面白い!



 というわけで、ドラマスタート当初は母娘の蜜月ぶりに注目していた私ですが、今じゃすっかり加穂子と初の恋模様ばかりが気になっています。

 いかんせん加穂子の成長が早くて。第3話で、母親に対して「黙れ黙れ黙れ黙れ」「うるさいうるさいうるさいうるさい」の連呼で(あれは小気味よかった、グッときた…)早速反抗が始まり、8話ではもうすっかり年相応の女の子になってしまいました(オープニングで出てくる加穂子の成長段階を表すコスプレが、赤ちゃんや小学生などを経て、8話ではスーツ姿の就活生に)。


 テンポのいい成長っぷりはそれはそれでとても面白かったのですが、それと同時にテンポよく進んだのが初との恋。

 初回では過保護に育てられた加穂子の様子にイライラしていた初。加穂子が告白して速攻フラれたかと思いきや、一転して初から交際宣言。別れ話で涙涙のラストシーンになったかと思えば、直後の予告で二人そろって結婚の許しを親に乞うシーンを見せるって。視聴者をまったく焦らさない。惹き付けられます。面白いです。

竹内涼真、朝ドラ『ひよっこ』と相まって人気急上昇中




 この麦野初を演じる竹内涼真が今、朝ドラ『ひよっこ』出演と相まって人気急上昇中とのこと。

『ひよっこ』では一度退場したにも関わらず、視聴者からの熱いラブコールを受け8月31日の回で再登場。主人公・みね子に対する思いは聞けず、実にあっさりとしたシーンで少々残念でしたが。異なる女性と結婚したことがわかる左手の薬指の指輪に悲鳴が上がったようです。

 私は竹内涼真を、ちゃんと見たのが今年4月に公開された映画『帝一の國』でした。おいしい役どころでしたが、このときは正直なところほとんど印象に残らず…。一人だけただただ好青年だったので、ほかのキャラの濃い面々の中で埋もれてしまいまして。『ひよっこ』も同じく好青年でした。

マンガに出てくるヒーローのような快男児・大鷹弾、いくぜ! オレは、正しい道で勝つ。 #帝一の國 #竹内涼真

映画『帝一の國』さん(@teiichi_movie)がシェアした投稿 –

次のページ 
やっぱり竹内涼真は『過保護のカホコ』の初くん!

1
2




あなたにおすすめ