革ジャン、スタッズ…ロックなカッコよさを女性が取り入れるコツ

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」45 by小林直子●

Q.ロックテイストを入れるには?



 ロックテイストを取り入れたいと思っています。ところでロックテイストって本当のところどんな感じなのでしょうか? どうすればロックっぽくなるのでしょうか?

A.汚くならないように注意しましょう



レザージャケット

画像:WEAR

 ファッションの流行において、ロックテイストは繰り返し出現します。

 しかし一言にロックと言っても、

・1950年代の映画『グリース』に見られるようなロカビリー
・1960年代から70年代のデビッド・ボウイやマーク・ボランに見られるグラム
・1970年代半ばのセックスピストルズらによるパンク
・1980年代のアダム・アントやデュランデュランのニューロマンティック
・1990年代、ニルヴァーナのグランジ

 など、実はいろいろなロックのスタイルが存在します。

グリース

映画『グリース』(ブルーレイ)

 ファッションにおけるロックスタイルは、これらさまざまなロックのスタイルから影響を受け、より洗練され、簡単で、親しみやすくなった形で一般へと広まっていくのが通常です。

繰り返し流行るのがパンクとグランジ



 これらのスタイルのなかで最近の流行で繰り返し出現するのがパンクとグランジです。

 パンクは1970年代後半にロンドンで発祥したと言われており、代表的なバンドはセックスピストルズです。使われるアイテムはびりびりに破いたシャツやジーンズ、そして安全ピン、チェーン、スタッズがついた革ジャン、細い革パンツなどで、使われる色はだんぜん黒。シャツは白いことがありますが、パンクといったら、やはり黒い革にシルバーのスタッズやアクセサリーというイメージです。

セックスピストルズ

セックスピストルズDVD『Live at the Longhorn』

 日本でパンクの女王と言えば、思い出されるのはヴィヴィアン・ウエストウッドですが、ヴィヴィアンはその後のニューロマンティックのアダム・アントがしていた過剰な装飾の「海賊ルック」も手掛けているので、ヴィヴィアンのスタイルがすべてパンクというわけでもありません。

【Vivienne Westwood RED LABEL】#AW16 New Arrivals #VivienneWestwoodREDLABEL #VivienneWestwoodJapan #VivienneWestwood #ヴィヴィアンウエストウッド

Vivienne Westwood Japanさん(@viviennewestwoodjapan)がシェアした投稿 –


 次に1990年代のグランジですが、これはパンクとはうってかわって、アメリカから出てきたもので、ニルバーナのカート・コバーンが代表的なアーチストです。アイテムとしてはチェックのネルシャツ、丈の長いカーディガン、穴があいてよれたジーンズにスニーカーがその典型的なものとされています。

Nirvana

『Nirvana (Guitar Play-Along) 』 ペーパーバック

 ファッションにおいてはケイト・モスがグランジファッションを取り入れたとされています。しかし、だからといってケイト・モスのグランジはカート・コバーンのような本当のグランジ(薄汚い)ではなく、よりファッショナブルに解釈されたスタイルでした。

 ロックですので、この2つのスタイルとも、穴をあけたり、ダメージを与えるといった破壊的なところがありますが、実際、パンクとグランジはかなり違うスタイルで、どちらがより格好よく見えるかは、そのときに何がはやっているかによって決まります。

次ページ初心者は「スタッズのついたアイテム」を取り入れる

わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。

ジーンズ
ふだんコンサバ系の人が、デニムを履くと何…
ジャケット
定番のジャケットが、断然おしゃれ!に見え…
小物で勝負
真夏のおしゃれは小物が勝負。大人の小物選…
彼と心もカラダもトロけるほど深くつながりたい
気持ち良すぎてぐったり…中イキ&外イキで…
♂&♀
sponsored
将来が不安!!
貯金って将来いくら必要?男より頼れる「お…
sekuhara
女性→男性のセクハラにも要注意「酔った女…

◆小林直子

ファッション・ブロガー。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒、文化服装学院卒。東京コレクション参加ブランドのパターンナー、大手アパレル会社の企画室を経て独立。現在、湘南エリアを中心に独自に開発したメソッドによるファッション・レッスン、各種ワークショップを開催するなど活動中。ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』。
新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse