♂&♀
Entertainment

女性にブームの春画。 江戸のエロスが、文字の朗読でもっと楽しめる

つらい体験を乗り越えて



 中野さんは以前、文学の読み聞かせをしていたときに、春画に書入れがあることを知ったそう。その後、専門書や文献などで学ぶうちに春画の奥深さに気づき、このイベントを思いついたのだとか。

 そもそも中野さんは、小学生時代に教師から性的ないじめを受けたり、20代でレイプに遭ったりと、つらい体験を経てきた女性。性に対して歪んだ感情を持っていたそうですが、数年前にようやく乗り越えられたことも、このイベントに繋がっていると言います。イベント中、春画に絡めてそのような話を語ってくれる場面もあり、より多角的に春画を味わうスパイスとなっていました。

 なお、今回の参加者のうち女性は半数近く、「文字で読むより、音読を聴くほうが感情移入できていい」「春画の朗読は初めてで、新鮮な体験だった」と、春画と艶っぽい読み聞かせのコラボレーションを楽しんでいたようです。

 次回の「艶声春画」は9月22日(金)19:30~21:00、同じく「ブックカフェ二十世紀」で開催。10月からは地方公演もスタートする予定とのことです。

<TEXT/千葉こころ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

1
2
■大人の女の羞恥トーク! 艶声春画
・次回日程/2017年9月22日(金)19:30~21:00
・ブックカフェ二十世紀(神保町)税込2,000円(1ドリンク付き)
・次回テーマ/遊郭の夕べ 語り/中野愛梨
・艶声春画~ 公式サイト/http://tsuyagoe.com/
あなたにおすすめ