Love

あなたと彼の相性は?“6つの恋愛観”から診断できる【原田まりる】

 哲学ナビゲーターの原田まりるです。

恋愛診断 古代ギリシャの哲学者プラトンは、美しいものへ憧れる愛を「エロス」。献身的な愛を「アガペー」。友愛を「フリィア」と呼び、愛には多くの種類があると説きました。

 ギリシャ神話では、もともと人間は2人一組で体がくっついていて、半分に分かれていまの人間の形となったと言われています。恋人同士が愛し合うのはもともと一つだった時の片割れを探そうとするから、という解釈です。

 このことから、欧米ではパートナーのことを「ベターハーフ(自分のよりよいもう半分)」と呼びます。恋愛は個性が大きく反映するものです。

原田まりる

原田まりる

あなたの恋愛観は、6つのうちどれ?



 ここではあなたの持つ「恋愛の形」を探っていきましょう。

 カナダの心理学者ジョン・リーは「人には6つの恋愛のパターン」があると考えました。以下の通りです。

・恋をゲームのように捉えて駆け引きを楽しむ人(ルダス)
・相手を運命の人だとロマンチックに燃え上がる人(エロス)
・友達関係の延長のような形で恋愛を楽しむ人(ストルゲ)
・肩書きや容姿、経済力などスペック重視する人(プラグマ)
・嫉妬心が強く相手と強く結びつきたい人(マニア)
・相手に尽くして補完してあげたい人(アガペー)

恋愛哲学1 この6つの中であなたが恋愛に求めているものはなんでしょう? 好きな人や、過去の恋愛など特定の誰かを思い浮かべながら一番しっくりくるものを選んでみてください。

 チェックを入れてみて、もっとも数が多かったのは、どのタイプでしょう?

遊びの恋愛(ルダス)
□深入りしすぎずに適度な距離感がある方がいい
□相手が自分に夢中になりすぎないように仕向ける
□相手がどんな人か見極めてから戦略を練って近づく

ロマンの恋愛(エロス)
□お互い出会ってすぐに惹かれあった
□私たちは他人からみても本当にお似合いだと思う
□出会うために生まれてきた運命を感じることがある

友情の恋愛(ストルゲ)
□友達関係から次第に恋人へと発展した
□別れてもずっと友達でいたいと強く思う
□最高の友情が最高の恋愛を生むと思う

実利的な恋愛(プラグマ)
□経済力などスペックが揃っていないと好きになれない
□自分の格が下がるような相手とは付き合いたくない
□周りに紹介しても恥ずかしくないかどうかを気にする

嫉妬の恋愛(マニア)
□恋愛のことで悩むと食欲などに大きく影響が出る
□相手が自分以外と親しくしているのは耐えられない
□相手との間でなにかあると感情的になってしまう

献身の恋愛(アガペー)
□相手のためなら自分が犠牲になってもいい
□無理をしてでも相手を幸せにしたいと強く思う
□貧乏な暮らしでも一緒にいられるなら構わない

次のページ 
あなたの恋愛観の特徴は?診断結果はコチラ

1
2
『日々の悩みが消える 哲学手帳2018』発売記念イベントとして、10月10日に三省堂書店有楽町店で、原田まりるさんトークショー&サイン会を開催。先着40名様なのでお早めに(https://www.books-sanseido.co.jp/events/212624

日々の悩みが消える 哲学手帳2018

人気哲学作家の原田まりるさんが
プロデュースする
史上初の「哲学手帳」が登場!

あなたにおすすめ