Lifestyle

「中学受験に250万円!」その価値あった?ママたちの賛否両論

 受験に向けての動きが本格化するシーズン。なかでも、中学校受験は「高校、大学への道筋ができる」「失敗しても公立に行ける」などの理由で、希望する家庭が増えているようです。

 私立中学に通っている生徒の割合は、全国では7%ですが大都市では高い傾向。東京都では23.9%=4人に1人もが私立中学に通っています(「学校基本調査」文部科学省、2015年度)。

中学受験

写真はイメージです

 義務教育なのに私立中学を受験することの、コストや効果はどうなのでしょうか? 娘さんを私立中学校に通わせる2名の保護者から、賛否両論を聞きました。

受験にかかった総額250万円!でも「行かせて良かった」



「将来は音楽の道に進みたい」。そんな娘さんの強い希望から、吹奏楽に力を入れている私立中学校を受験したワタナベさん(仮名)親子。併願はせず、娘さんが選んだ学校1本に絞りました。

「もしダメなら公立の中学校へ通うという約束で、受験を承諾しました。うちは一般的なサラリーマン家庭でお金の不安もありましたけど、どうしても行きたいという娘の意志を尊重した感じですね」

 周囲より遅れての受験準備スタートだったこともあり、塾代だけでも1年ちょっとで150万円以上かかったとのこと。さらに受験費用と、無事に合格した後には入学金や教材費、制服代などの支払いが続き、受験にかかった総額は250万円以上。「貯金が一気に底をついた」と、ワタナベさん。

 受験関係の雑誌記事やウェブサイトを見ると、大手塾に小4から行かせたりすると「中学受験で200万円前後」は相場だとか。恐ろしい!

「入学してからも、学費や諸経費、交通費、部活動費に遠征代など、とにかくお金がかかります。でも、中学に入って変わった娘の姿を見て、行かせてよかったと感じています」

子供

写真はイメージです

 両親の苦労を感じたのか、進んで家の手伝いをするようになったという娘さん。また、「いい成績をとって奨学生になりたい。それがムリでも、将来恩返しできるような仕事に就けるように頑張るね」と、勉強にも部活にも懸命に取り組んでいるそうです。

「反抗期といわれる年代ですが、家でも学校の様子を話してくれるし、事あるごとに『ありがとう』『感謝してるよ』などの言葉もかけてくれます。経済的な負担は大きいですが、それ以上に得られたものは大きかったと思います」

次のページ 
難関中学に入ったのに…反動で成績がダダ下がり

1
2




あなたにおすすめ