Beauty

2018春メイクはチークを思いっきり広く!吉川康雄に学ぶ「体温チーク」

「メイクはシミやシワを隠すのではなく、その人の個性を打ち出すフレッシュさが大事」と言うのは、ファッション撮影、広告、コレクションやセレブのポートレイトなどで世界を股にかけて活躍するメイクアップアーティストの吉川康雄氏。  今回は、CHICCA(キッカ)の「2018年春コレクション発表会~Happy 10th Anniversary~」でインビジブルメイクを披露した吉川康雄氏から“体温チーク”を教えてもらいました。
CHICCAの2018年春コレクション発表会より

CHICCAの2018年春コレクション発表会より

顔以外にも艶感を

 パールのきらきらではなく、皮脂でつやつやしているかのような肌が今季も引き続きトレンド。最近のファンデーションはそんなナチュラルな艶感を完成するものが多いですが、吉川氏がすすめるのは、顔以外にも艶感を出すこと。メイクの前の顔の保湿はもちろんのこと、デコルテや腕にも保湿剤を必ずつけるようにしているそう。  一時期流行したパールのボディパウダーをつけるよりも断然自然な輝きになるので、メイク前にはデコルテや腕にも保湿剤をたっぷりと塗って、フレッシュな肌作りをしましょう! デコルテや腕にも保湿剤をたっぷりと

チークが艶肌のキモ

 2018年春にキッカが提案するのは、仕上がりが素肌のように自然な“インビジブルメイク”。メイクを際立たせるのではなく、その人の顔立ちが美しく魅力的に感じられるような、“その人らしさ”を引き立てるメイクです。  メイクのなかで一番おろそかにちがちなチークですが、チークにはファンデで仕上げた艶肌に生命感をプラスする大事な役割があります。頬の高い位置から楕円形にのせるのが一般的なつけ方ですが、吉川氏が提案する“体温チーク”は思いっきり広くチークをのせるんですよ!

「体温チーク」のやり方

1. スポンジの一番広い面をチークの上にのせる  スポンジの塗布面全体に薄く色がつくぐらいにやさしくとります。スポンジの一部分だけだと、チークが肌に均一にのらないので注意しましょう。 スポンジ2. 頬骨の高い位置から、外側に向かってスタンプ塗りをする  目の下、ほうれい線、フェイスラインに囲まれた広い範囲にスポンジをぽんぽんとスタンプするように色を薄くなじませます。濃くつけすぎたら、ファンデーションを上から重ねてチークの色を薄くしてください。 スポンジをスタンプするように色を薄くなじませる 吉川氏が使ったのは、2018年1月17日に発売されるクリームチーク、キッカ「フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 05 マンゴープレス」3,000円(税抜/ケース別売り。価格は編集部調べ)。柔らかなテクスチャーと肌なじみのよいコーラルピンクが薄膜の仕上がりで素肌になじみます。
CHICCAの「フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 05 マンゴープレス」

CHICCAの「フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 05 マンゴープレス」

 健康的なぬくもりを感じさせる“体温チーク”は普段使いにぴったり。うす~く広範囲に、顔の印象を温めるイメージでつけてくださいね。 <TEXT/此花さくや> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
此花わか
映画ライター。NYのファッション工科大学(FIT)を卒業後、シャネルや資生堂アメリカのマーケティング部勤務を経てライターに。ジェンダーやファッションから映画を読み解くのが好き。手がけた取材にジャスティン・ビーバー、ライアン・ゴズリング、ヒュー・ジャックマン、デイミアン・チャゼル監督、ギレルモ・デル・トロ監督、ガス・ヴァン・サント監督など多数。Twitter:@sakuya_kono Instagram:@wakakonohana
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ