Lifestyle

ブラックバイトがひどい!仲間のセクハラを店長に直訴したら嘘つき扱いされた上に…

店長への直談判が招いた理不尽な扱い

追い詰められた女性 しかもその日を境に、店長のアヤナさんに対する対応は以前にもまして厳しくなったそうです。 「講義の時間割を提出させられ、かなりタイトなスケジュールで勝手にシフトを入れられました。 『この日は入れない』と伝えると、『仕事を何だと思っているんだ!』と怒られ、体調を崩しても『嘘だろ。診断書を持ってこないと認めない』と。挙句、時給も大幅に下げられました」  耐えきれなくなったアヤナさんは退職を申し出るも受け入れてもらえず、やむなく無断欠勤の形で辞めることに。バイトを始めて3か月足らずのことでした。 「最後の2か月はバイト代も支払われませんでした。それでもいいと思えるくらい、とにかく辞めたかったんです」

本社に向けて声をあげたら状況が変わった!

 とはいえ、引っかかっていたのはマリさんのこと。自分が辞めてしまった以上、もうどうしてあげることもできないと思い悩んでいましたが、なにげなくその話をした友人から「それはブラックだよ。本社へ言ったほうがいい」とのアドバイスをもらいます。  アヤナさんはさっそく行動に移し、社員のセクハラや、それを訴えたことで自分が受けた被害をすべて伝えました。そのかいあって、早急に対応してくれたそうです。 セクハラ禁止「店長とホシノさんは降格扱いで、お店から本社勤務へ異動になったそうです。未払いだったバイト代も、本来の時給換算で振り込まれました。初めてのアルバイトでどうすればいいかわからず、イヤな思いもしたし時間もかかってしまったけれど、いい勉強になりました」  その後もマリさんと会う機会はなかったそうですが、本社から、「社員が変わってからは明るくなり、新人アルバイトの教育係として頑張っている」との話を聞いて、胸をなでおろしたそうです。  アルバイト・準社員など、正社員に較べて立場の弱い人々に対して、卑怯な社員が、自分の立場を利用したり、「バイトから社員になりたい」という気持ちにつけこんで、セクハラ・パワハラを行うひどい事が今日も数多く起き続けています。 ―私達の身近な「セクハラ」 vol.6― <TEXT/千葉こころ イラスト/鈴木詩子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ