Beauty

「オイル化粧水」でハリとツヤを与える3つの方法とおすすめ2選

 こんにちは、一人一人の骨格と筋肉に合わせたパーソナルメイクを提案する「MAMEW骨筋メイク(R)公認アドバイザー」の此花さくやです。

 この季節、きちんとスキンケアをしていてもどうしても乾燥肌に困っていらっしゃるかたも多いと思います。筆者もそんなひとり。そこで、いつものスキンケアに“化粧水オイル”をプラスして乾燥を解消し、メイクの仕上がりにハリとツヤを与える3つの方法をご紹介します!

MAMEW「クリーミィソリューション」

MAMEW「クリーミィソリューション」

オイル化粧水のよいところ



 化粧水にオイルが配合されたものが“オイル化粧水”。オイル化粧水が優れている点は、化粧水に配合されたオイルの油分が肌の皮脂にくっつき、皮脂腺を通って化粧水が肌の奥まで浸透するところ。水分補給と同時にその後につける美容液を吸収しやすい柔らかな肌を作り出します。通常のオイルよりもベタつかないのも使いやすいところですね。

 オイル化粧水はいつもの化粧水の代わりに使うか、化粧水の直後に使うのがよいでしょう。水分が多いものから順番に使って肌を保水し、油分が一番多い保湿剤で最後にフタをするのがスキンケアの基本です。

オイル化粧水の3つの使い方



1. 美容液の直前に使う
 化粧水のあとに使っても、化粧水代わりに使ってもよいでしょう。美容液の直前に塗布すると肌の柔軟性を高め、次にくる美容液の浸透を高め、肌にハリとツヤを与えます。

2. パウダーファンデのスポンジに塗布

パウダーファンデのスポンジに塗布 肌が乾燥しているときはリキッドやクリームファンデがおすすめですが、忙しいときはパウダーファンデが使い勝手がよいですよね。パウダーファンデについているスポンジをキレイに洗い、500円玉ぐらいの大きさを目安にオイル化粧水をスポンジにしみこませます。

 その後、オイル化粧水をスポンジによくなじませて、いつものようにパウダーファンデをとり、肌にのせましょう。粉っぽくならず、リキッドファンデのような仕上がりが完成しますよ。

3. 化粧直しに使う
 化粧水オイルをなじませたスポンジで、軽くおさえるようにして崩れた化粧をふきとります。Tゾーンや頬はスポンジで、アイメイクには化粧水オイルをなじませた麺棒を使って、メイクをオフします。

スポンジに化粧水オイルをなじませる その後は、きれいなスポンジにパウダーファンデを少量つけてふき取った部分にやさしく叩きこみましょう。最後にアイやリップメイクをつけます。

次のページ 
美容ライターおすすめ化粧水オイル2選

1
2
あなたにおすすめ